Chapter Two

 独りぼっちのお姫さまには、何にもすることがありません。


 お姫さまがいるのは、円い塔のいちばん上。高い高い石の塔のてっぺんです。お姫さまは、自分がいる部屋より下が、どうなっているのか知りません。

 お姫さまがいる部屋は、半円形をしています。床には毛の長い絨毯が敷きつめられ、カーブを描いた壁の真ん中に、大きな石組みの暖炉が造りつけられています。

 そして他の部分は、ぐるりと木の本棚が並んでいます。あまりに背が高いので、どこまで続いているのかはよく見えません。お姫さまの手が届かないことだけは確かです。ぎっしりと本が詰め込まれていますが、それでも足りずに、本は、床の上にも積まれています。それらは全て、お姫さまの日記です。

 床の上には他に、幾つかクッションが転がっています。お姫さまが眠るときには、それらが役に立つのです。ベッドはありません。家具といえば、装飾を施された衣装箱が一つだけ。その中には、インク壺と羽根ペン、書きかけの日記が入っています。インク壺にはインクがたっぷり入っていて、なくなることはありません。

 暖炉には、いつも炎が入っています。隣には大きな薪入れがあって、いつでも薪がたっぷり入っています。使っても使っても、減ることはありません。



 出入り口は、ありません。

 ただ、塔の中心に当たるであろう、まっすぐな壁の中央には、本棚がなくて、石の壁がむき出しになっていました。石と石の間には、僅かに隙間がありますが、向こう側を覗くことはできません。

 お姫さまは、よくそこにもたれかかって、明かり採りから空を見上げていました。

 そう、お姫さまは退屈でした。


 お姫さまには、何にもすることがないのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます