Chapter One

 お姫さまは独りで、白いページを見つめています。

 ひざの上に厚い本をのせ、絨毯の上に座っています。

 手には羽根ペンを握っていますが、それを動かす気配はありません。傍らに置かれたインク壺に、紅く燃えさかる暖炉の炎が、ゆらゆらと映っています。

 お姫さまはため息をつくと、ようやく二言、三言書きつけて、ぱたりと本を閉じました。ぱちぱちと、薪のはぜる音が響きます。

 お姫さまは閉じた本を胸に抱えて、暖炉の炎を見つめていました。ガラスのような瞳に想いが現れることはなく、ただ紅い炎が揺れています。

 お姫さまが抱えているのは、お姫さまの日記です。革の装丁に金箔を押した、ずいぶんと分厚く、立派な本です。お姫さまは一ページずつ、毎日白いページを埋めていかなければならないのです。



 お姫さまは、塔の上で独りぼっち。

 ここから出ることもできないし、誰かが訪ねてくることもありません。

 明かり採りの窓が天井近くに開いていますが、あまりに遠くて、辛うじて空の色を窺えるだけです。


 天気がいい時は、白い雲が旅をしていきます。

 でももちろん、雲がお姫さまを気にしてくれることはありません。あまりに遠いから、お姫さまがいてもわからないのでしょう。お姫さまは、いつか気づいてくれますようにと、そっと手を振ってみます。


 雨降りの時は、空が憂鬱なため息をつきます。

 お姫さまは、空が自分と同じ気持らしいのが嬉しくて微笑みます。そして、空が降らせる雫を手招きします。でも、雨粒が飛び込んでくることはありません。


 晴れた夜には、星がそっと覗きこんできます。

 星はちらちらと瞬きながら、気の毒そうな顔をします。お姫さまは、大丈夫よ、という気持ちを込めて、知っている限りの歌を歌います。そして、知らないうちに眠りにつきます。


 でもやっぱり、お姫さまは独りぼっち。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます