Chapter Four

 ある日のことです。

 お姫さまはいつものように、本棚と本棚の狭間にもたれて、空を見上げていました。雲一つない、よく晴れた日でした。

 お姫さまが空を見上げたまままどろんでいると、聞いたことのない音が聞こえてきたのです。

 こつ、こつ、こつ、と、規則正しい高い音が、どこかずっと遠くの方で響いています。

 お姫さまは、さっと目を覚ましました。これはいったい、どういうことなのでしょう。

 心臓の音が急に大きく聞こえてきます。高鳴る胸を無意識のうちにぎゅっと押さえて、お姫さまは壁の穴に耳を当てました。

 たしかに、たしかに聞こえてきます。

(これは……足音?)

 音が少しずつ大きくなってきました。たまに、一休み、とでも言うように止まりながら、音は、すぐそばまでやってきました。

 音のリズムが変わります。

「ここで行き止まりか」

 それは、初めて聞く音――誰かの声でした。

 お姫さまは、思わず声を上げました。

「誰か、いるんですか?」

 それは、壁の向こうにも届くようにと、大きな声ではありましたが、今にも消え入りそうに震えていました。

 壁の向こうは、急に静まりかえりました。お姫さまは泣きそうな顔で、必死に耳を澄ませます。

 ずいぶんと、長い時間が経った気がしました。

「誰か、いるのか?」

 声は、お姫さまと同じ言葉を返してきました。

 お姫さまの瞳から、ドレスの飾り玉のように透明な雫が、ぱたぱたと零れ落ちました。

「はい」



「僕は、いいって言われるまで、この塔のてっぺんで待っていなきゃならないんだ」

「そうなんですか」

「君は? 君はいつからここにいるの?」

「ごめんなさい。わかりません」

 しばらく間が空きました。

「君はここで、何をしているの?」

「日記を、書いています」

 お姫さまは部屋の中の様子を、たどたどしく説明しました。声はうんうんと相槌を打ちながら、優しく聴いてくれました。

「あなたは、どんなところにいるのですか」

「こっち? こっちには何もないよ」

 声は、それしか言いませんでした。



 星がまた、部屋の中を覗きこんできました。

「そろそろ夜になったかい?」

「はい。星が、今日はいちだんと大勢います」

「そうか。じゃあ、そろそろ寝るとしよう。おやすみ」

「『おやすみ』? それはどのような意味でしょう」

「あなたがぐっすり眠れますように、ってこと。寝る前には、こう言うんだ」

「そうなのですか。では、おやすみなさいませ」

「うん、おやすみ」

 おやすみと言われたからには、眠らなければなりません。でも、どうしてでしょう。とても眠る気にはなれないのです。

 揺れる暖炉の炎に照らされて、お姫さまは飛ぶようにペンを動かしました。初めて、ページを埋めることを、易しいと思いました。

 それからお姫さまは、弾んだ声で、小さく歌を歌いました。相変わらず、鼓動は大きいままでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます