13 記憶の旅・司藤アイ編

 ブラダマンテこと司藤しどうアイは眠りにつき、月へと向かう夢を見た。

 「月」は過去の精神世界。思い出したくなかった彼女の現実世界の記憶が蘇るのだった。


**********


 小学校を卒業し、地元の中学に入学して間もない頃。

 引っ越して転校していった黒崎とは会えなくなったが、アイは相変わらず勝ち気で、正義感に溢れる少女だった。


 中学でも見えない所で、気の弱そうな男子をイジメている現場を目撃した。

 小学生の頃の黒崎を思い出したのか、アイは彼を救うべく積極的に行動した。


 イジメグループの首謀者たる女子をやり込めたまでは良かった。

 だが翌日――その女子は、自殺未遂を起こしたのだ。


 一命は取り留めたらしい。だがその女子は家族の都合か、引っ越して行方をくらましてしまった。

 真相は分からない。アイに追い詰められた事が自殺未遂の原因かは分からない。当の本人は死んではいないが、もう話を聞く事もできないのだから。


 その日以来、司藤しどうアイの立場は完全に逆転してしまった。

 イジメていたのはアイだ、という噂がクラスに広まっていた。アイがいくら弁明しても、周りはまともに取り合ってくれなかった。

 当のイジメられていた男子も、アイと何がしかの噂になるのを恐れてか、彼女を避けるようになった。


 アイに対して、あからさまな嫌がらせというものは無かった。

 ただ、無視された。事務的な用事以外、誰からも声をかけられなくなった。

 表立って何か起きた訳でもない。アイに対する周囲の態度は、教師の目にも咎められる事はなかった。


(……どうして、こうなっちゃったんだろう……?

 わたし、間違っていたの? 正しいと思った行動をしただけ、なのに……

 誰も答えてくれない。わたしの何が悪いのか、何がダメだったのか……誰一人、教えてくれない……)


 両親には相談した。父親は昔から厳しい人物で、何か揉め事が起こると決まってアイを責めた。

 母親だけが、アイの孤独に対し親身になって相談に乗ってくれた。


「よく聞いて。一生懸命行動しても、正しいと思って行動しても。上手く行かない事だってあるわ。

 でもねアイ。嫌な事、つらい事。決して立ち向かわなくちゃいけない、逃げちゃいけない……そんな事はないのよ。

 痛みはつらいものなの。耐え続けて、いい事なんて何一つないわ。

 ずっと痛い思いをしていると、ずっとつらい思いをしていると。人の心は弱ってしまう。痛みに打ちのめされてしまうの」


 泣きじゃくるアイを、母親は優しく抱き寄せた。


「いざとなったら、学校だって『やめてもいい』のよ。でも失敗してもいいように、備えをなさい。逃げ道を作りなさい。

 ……アイ。あなたは……これから、どうしたい?」

「……やり直したい。今ここじゃない……どこか別の場所で……」


 母親はアイの希望を聞き入れてくれた。

 遠くの町の高校を受験すると言った際、父の反対を押し切ってまで説得に回ってくれた。

 普段、横暴な父の言う事に滅多に逆らわない母が――その時はとても頼もしく、そして強かった。たとえ殴られようが、殺されようが、アイの願いを曲げさせないという信念があった。


(お母さんには、とっても感謝してる――わたしなんかの為に。

 お母さんのお陰で、必死で勉強する事ができたし。遠くの高校に行くまでの間、頑張ってこれた)


 陰惨な中学生活が終わり、アイは親元を離れて寮のある高校に通う事になった。

 母親が仕送りをしてくれたお陰でお金の心配は無かったが、一人暮らしに慣れるまでは大変だった。

 何より中学時代のトラウマのせいで、周りの人間と積極的に関わるのが恐ろしくなってしまった。アイが孤立しかかった時、偶然にも出会えたのが……小学生の頃別れて以来の、黒崎くろさき八式やしきであった。


「えっと……や、やっく……く、黒崎……? その、お久しぶり、ね……?」

「……お、おう……しばらく見ない内に……その……変わったな……?」


 中学の頃に何があったのか? そんな事を聞かれたくない。忘れたい過去を思い出したくない。

 アイはその一心で、旧友との再会をお茶を濁したまま終わった。向こうも察したのか、こちらの過去を――とりわけ、交流の無かった中学時代の話を尋ねてくる事はなかった。


 アイは周囲の人間と上手く打ち解けられない自分を、心の底で忌避していた。

 黒崎は学校の問題児だった。アイをはじめ、複数の女子に益体もない悪戯やちょっかいを出すようになった。

 その理由はさっぱり分からなかったが、彼女の中の生来の正義感が再び芽生え――黒崎の被害に遭った女子と知り合い、緩やかな交流が持てるようになった。

 彼女たちとの縁で、演劇部を紹介して貰った。自分以外の誰かになれる。それがアイにはたまらなく魅力的に映った。


 アイは演劇の練習にのめり込み、即興劇好きの風変わりな先輩――現在は部長――にその才を認められた。

 以前のように、感情を剥き出しにする事はめっきり減ったが――それでも中学に比べれば、アイの高校生活は少しずつ充実していった。


 半年に一度、親元に帰る事があった。その時に母親から紹介されたのが……


「どうも。綺織きおり浩介こうすけと言います。はじめまして――司藤しどうさん」

「あっ、はい……その、よろしくお願いします」


 どういう縁なのかはっきりしなかったが、もともと家族ぐるみで付き合いのある家だったという。浩介こうすけはアイの通う高校の近くにある環境大学に入学しているし、丁度いいと思われたのだろう。

 綺織きおり先輩の物腰の柔らかさ、細かい気配り。何よりアイが困った時には必ず手を差し伸べ、助けてくれる――不思議な人物だった。


(どうしてこの人、ここまでわたしの事、分かってくれるんだろう?

 まるで心の中を読まれているかのよう。でも全然不愉快じゃない。かっこいいし、優しい――

 ああ……もし、こんなすごい人が、ずっと一緒にいてくれたら……)


 芽生えた憧れは淡い恋心へと変わり、本来臆病だったアイを突き動かした。が……

 司藤しどうアイの一世一代の告白が空振りに終わった事は、今更繰り述べるまでもない事である。


 上手く行くはずだ、なんて思い上がった訳ではない。

 ただ――それでも空虚だった。

 悔しさの余り、帰りがけに出会った黒崎を思わずブン殴ってしまった。怒りに身を任せ行動し――激しく後悔した。


(……やっぱり、わたしじゃ駄目なんだ……

 お母さんにも、皆にも迷惑ばっかりかけて。

 今だってそう。『ブラダマンテ』を演じきる事もできず、黒崎とフリでもいい筈の恋人役も、全うできなくて。

 わたしがもっと上手くやれてたら――わたしがわたしじゃなかったら。

 こんな思い、しなくて済む、よね――?)


 高校生活で取り戻しかけていた、幸福と自信は――綺織きおり先輩への告白の失敗と、エンジェル・フォールで黒崎に押し倒された時にまともに動けなかった事で、靄のように消え失せてしまっていた。

 昔の、中学時代の――自信も希望もない、大嫌いな自分が再び顔を出している。いや……これがきっと本当の自分なのだろう。


**********


 司藤しどうアイは女騎士ブラダマンテの格好のまま、薄暗い月の世界にへたり込んでいた。

 周囲には誰もいない。とても悲しい気持ちになり、泣きたくなったが――何故か涙はこみ上げて来なかった。


 辺りに散らばるガラクタにぼんやりと目を向ける。その中に、記憶の片隅に留めていた「持ち帰るべきもの」を見出した。アイは吸い寄せられるように「それ」に近づき、手に取った。


 それは透明な瓶の形をしていた。ラベルには、「錦野にしきの麗奈れなの現実世界の記憶」と書かれていた。


錦野にしきの……麗奈れな、さん……下田教授の話じゃ、確か綺織きおり先輩のお姉さん……

 カタイの王女アンジェリカの肉体に宿り、魂の記憶を失ってしまった人……)


 彼女はもう、現実世界に戻る事を半分がた諦めかけていたが。

 この瓶を地上に持ち帰る事ができれば――彼女の記憶が蘇り、元の世界に戻れるようになるかもしれない。

 アイは彼女の記憶の瓶をしっかと握り締め、懐にしまい込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます