第28話

 「あー腹いっぱい」


 ティッシュで口元を拭いながら夫が言う。


 「さっさと結婚できるといいな、こいつら」


 ティッシュをポンとテーブルに置いて夫は椅子から立ち上がった。


 私は生ぬるくなったグラスのお茶を喉に流し込んで、抑えきれなかったため息をついて俯いた。目線の先にはパンくずが散っている。きっと夫の方にはもっと多くのパンくずが散っていることだろう。


 夫の一日は終わっても妻の一日はまだ終わらない。食器を洗って、風呂の掃除までしてやっと一日が終わる。そして数時間もすればまた新しい一日が始まるのだ。

死ぬまで繰り返されるルーティーン。


 自分の屍。夫の笑顔。カウンターの向こうにいる彼。全てがメビウスの輪に乗っかって頭の中で回り始める。体は疲れているのになぜか脳はやたら元気によく回る。今日は夢にまで途切れない輪っかが出てくるかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます