リバウンドの時間

 あれから三ヵ月。

 一回り大きくなったパピコがいた。


「ゴールデンウィークはどこ行く? 中華バイキング? イタリアンバイキング? それともケーキバイキング?」


「とりあえずお前、バイキング禁止な?」


 ソファでアタルにもたれかかっていたパピコは、非情宣告を受けた。


「私に死ねって言うの!?」


「アホか。このままじゃ太りすぎて病気になって死ぬぞ、お前」


 パピコは鬼コーチがいるのにも関わらず、リバウンドをしてしまったのだ。

 本人よりも、彼氏が焦っている。


 歌を失ったパピコは、やけ食いを繰り返していた。

 大学を中退することも考えたが、結局声楽科から作曲科に転科することになった。


「私の声になってください」


 と、パピコがアタルに逆プロポーズをしたのだ。


 経緯を知っているアタルの答えは、イエスだった。


 湧き続ける食欲を食い止めるのは、一苦労だった。

 ヘルシーでおいしい料理を作る努力を惜しまないため、アタルの料理の腕前はかなり上がっていた。


「元カレより上手かも」


 ぽろっとパピコがこぼした言葉がアタルに火をつけ、料理研究家のようになってしまった。


 パピコのダイエットは、長い道のりになるだろう。

 だが、二人三脚で頑張ろう、と思えた。

 一人じゃない、と思えることは、幸せだな。


「もうすぐ出荷されるぞ」


 そんな毒を吐き続けるアタルも、信じられないが裏ではらしからぬ話をしていたらしい。


「パピコに敷かれたレールは、不思議と心地いいんだ」


 アタルがそんなことを言っていたと、サムから聞かされた時は、授業中なのに、パピコは飛び上がりそうになった。


 いつも食べているアタル特製弁当が愛おしてくなり、インスタにアップする。


 空が青いことに、感謝をしたくなってくる。

 パピコの心の中は、澄み渡っていた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます