歯医者に行きたい!!の時間

 顎のラインがスッキリし、体が一回り小さくなったと、パピコは大学で会う人皆に同じ台詞を言われた。


 熱でダウンしていた一週間、パピコはろくなものが食べられなかった。

 炭水化物なんてもってのほかで、パンや米を見るだけでも吐き気がした。不協和音が鳴り続け、自分が自分らしくいられなかったが、昨日から大学にも行けるようになり、ようやく炭水化物メロディーが流れるか、と思いきや。


「元の食生活に戻すつもりじゃないだろうな? お前」


 大学の食堂で、うきうきしながら久しぶりにカツ丼を注文していると、アタルが横から咎めてきた。


「私の勝手でしょう?」


「これ以上お前の醜態をさらすわけにはいかん。せっかく少しは見れる体型になったっていうのに。この俺が全力で食い止める」


 可愛いよ。いつもそう言って、パピコのタックルを受け止めてくれたサリー。パピコをお姫様だっこしようと、がむしゃらに筋トレをつんでくれたサリー。

 いなくなったと思っていたのに、こういうとき、パピコの心の中にひょっこり顔を覗かせる。


「なによそれ、あんた何になりきってるわけ?」


 サリーと付き合っていた頃は、上品な言葉遣いをしていたはず。

 パピコはアタルと出会ってから、大事にしていたものまで失われた気がした。


 パピコが隣で文句を言ってくるアタルを無視して、カツ丼を食べようとしたとき、奥歯がズキッと痛んだ気がした。


 親知らずが虫歯になったんだ。

 パピコはすぐに思い当たった。


 親知らずが生えたことは、半年前の定期検診で、歯科医から言われていた。


「抜きますか?」


「虫歯ができたら抜きます」


 そういう会話をして、親知らず抜歯の恐怖から逃れたのをパピコは思い出した。

 その話をアタルにすると、


「お前、まさか抜く気じゃないだろうな?」


 と言われた。


「抜くわよ。これじゃ食べられないもん」


 パピコが、さっそく携帯電話で歯医者の予約をしようとすると、アタルが、取り上げた。


「なに考えてるんだ、この痩せるチャンスに」


 まさかの歯医者禁止令が下り、パピコはせっかく体調が回復したというのに、歯の痛みと、食べたいのに食べられないもどかしさに襲われながら、生活するはめになった。


 そんな生活が、長くもつはずがなかった。

 あまりの空腹と歯の痛みに、授業中にうめき声をあげるほどだった。


 しかし、大学では常にアタルが監視の目を向けている。

 厄介なことに、アタルはパピコの家に住みつくようになった。

 アタルの執念には脱帽する。

 そういう仕事に就けばいいのに。

 そういう仕事が何かは分からないけれど。


 それでもパピコは歯医者に行くのを諦めなかった。


 ある時、隙をみて近所の歯医者に、予約することに成功した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます