ハロウィンの時間

 サリーがその言葉を自分なりに理解するには、気が遠くなるほどに時間がかかった。

 それでもサリーは、コーヒーに牛乳を入れて飲んだり、ハチミツを加えて飲んだりして、なんとか自分の中に染み込ませてみた。


 ハロウィン当日。ご馳走を作り終えたサリーは、時計を見た。

 招待客が来る時間までまだ余裕がある。

 ほっと一息つき、ソファーの上に転がっている孫の手に手を伸ばすと、手長猿のように、パピコがサリーの腕にぶら下がってきた。


「何をする!?」


 サリーは思わず、味方の武士に欺かれた武将のような声を上げる。

 筋トレ離れでなまった体は、すぐに悲鳴を上げた。


「私の衣装はどれ?」


 サリーが提案した仮装の衣装交換だが、パピコの方も乗り気でいてくれているらしい。

 久しぶりの“らしさ”に、サリーは思わず涙ぐむ。


 全身スパゲティーの衣装を渡すと、パピコは鼻歌混じりに着替えていた。


「ハンバーガーと寿司の衣装もあるから、好きなの選んで」


 サリーがそう言うと、パピコはよりいっそう喜んだ。


「俺のは?」


「ないよ。ていうか、自力で変身できるでしょ?」


 涙が引っ込んだ。


「は? なにそれ。ないんならハンバーガーの衣装着ようかな」


「とぼけないで! 今日はありのままのあなたでいてよ」


 どうして用意されてない上に怒られなきゃならないんだ。

 こうしてサリーは理不尽さに鬱憤をため、険悪なムードのまま、冷蔵庫からコーヒーと牛乳の在りかを探したのだった。


 8時を回り、一組のカップルが、招待状を持ってやってきた。

 男の方は、仮装をしてはいたが、紛れもなくあの男である。

 その男の腕をとる女の子を見て、サリーは思わず後ずさりをする。


 宇宙人ってのは、この子のことなのか。

 しかし、男の方が宇宙人の仮装をしている。


 これは・・・突っ込みまちなのか?


「サム、綺麗よ」


 あろうことか、パピコはサムの姿を見てうっとりしているではないか。


 パピコの言葉で、強張っていたサムの顔は、少しだけ和らいだように見えた。

 その顔を見て、宇宙人の女の子が微笑んでいる。


 サリーはサムとぎこちない挨拶を交わし、サムからガールフレンドの紹介を受けると、二人をリビングに招き入れた。


 こうして独特な緊張感をはらんだハロウィンパーティーが始まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます