2-4



 今夜は、大学時代のサークルの後輩である、幸太の家に泊めてもらうことになっていた。幸太のアパートと夏帆のアパートは方向が同じらしく、おれたちは途中まで一緒に帰ることになった。

 至福の時だ。……竹内さえいなければ。

「さぁいとおさぁん」

「なに? 水飲む?」

「見てくださいよお、このシャツ! いっつもおれ、イヌコロでしか服買わないんですけどぉ、ちょっと、あのぉぉ、良いところで買ってえぇ。いいでしょ、このチェックのシャツ」

 ……全然会話になっていない。イヌコロってなんだ? 犬?

「イヌコロはイヌコロですよぉ、知らないんすかあ? あそっか、さいとうさんおしゃれだからイヌコロなんか行かないんすね。さすがっす!」

 竹内を根岸さんたちのテーブルに送りこんだ結果、こんなことになって返ってきた。明日、朝から大事な実験があると言っていたような気がするが、この調子だと昼過ぎまで起きないだろう。

「夏帆ちゃん、通訳して」

「竹内さーん、いつもどこで服買ってるって?」

 夏帆はすっかり面白がっている。

「だからイヌコロだって。ごめんなぁぁ、ださい先輩で。でも、ほらこれ」

 竹内は、着ているチェックのシャツの胸元を引っ張った。

「これはちゃんとしたとこで買ったから!」

「どこで買ったんですか?」

「忘れた!」

 きりっとした表情でこう言い放ったか思うと、またすぐにふにゃふにゃと力が抜けていった。

「多分、ユニクロって言ってます」

「イヌコロとしか聞こえなった」

 夏帆と顔を見合わせて苦笑した。

「おーい竹内、寝るな。ユニクロはユニクロでそんな悪くないと思うぞ。でも、いいじゃんそのチェックのシャツ。だから、もうちょっとしっかり立ってくれ」

 肩を貸している竹内がずり落ちそうになったので、再度しっかりと支え直した。

「マジでこいつ、一ミリも自分で体重支える気がないわ」

「齋藤さん、頑張ってください!」

 夏帆は両手で小さくガッツポーズをした。かわいい。

「こいつ家まで送る。そのあと、夏帆ちゃん家行っていい?」

「警察呼びます」

 やっぱりかわいい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます