カクヨムを三倍楽しむ方法

作者 ながやん

111

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現代はインターネットが普及し、情報で溢れ返る時代となっている。
それは、こと『文章作品』においても同じだ。いくら尽力して執筆しても、その文章作品が何の日の目を当たることなく埋もれていくことは、まったく不思議なことではない。

そうして積み重なる情報にせっかくの作品が埋もれて悲観する前に、『書いて読む行為』をとことん楽しむための『知恵』を、このエッセイでは発信している。

宣伝等で、自分からの情報を発信する。他の作品も読んで、他人からの情報を受信する。
それらを繰り返して交流し、新たな作品作りのヒントやモチベーションを得る。
きっと、どれもこれも読み書きを楽しむためには大事なこと。

だからそこのあなたも、どうか気軽に読んで、気軽にコメントして、気軽にレビューをしませんか?
まだまだ恥ずかしいのなら、読み終えてブラウザバックする前に、このレビューの左にある灰色の☆だけでもポチッとな。この☆が水色の★に変わっただけでも、書く側としてはすこぶる嬉しいのですよ。

……この世界中の情報が集まる広い電子の海の中で、これまた『小説投稿サイト』という狭いジャンルで、しかも大量にある投稿サイトの中で『カクヨム』を、さらにこれまた大量にある作品群の中で、たまたま見つけたのが、『目の前の作品』です。
誇張でも何でもなく、あなたは奇跡的な確率を経てその作品に出会いました。
だからといってはなんですが、その『不思議な縁』という繋がりを感じて、コメントやレビューで『私はあなたと縁があったよ』という、小さな足跡を残してみませんか?
きっと、喜ぶ人が、いますから。

★★★ Excellent!!!

物語は物を語ると書きます。
この作品では、カクヨムやウェブ小説について語られていますね。

敬遠されがちなジャンルですが、騙されていないか確認すると思って読んで見てください。

書籍デビュー経験者でもあるながやん氏の語りは、寒い時に自宅で飲む
ココアのように気軽に深い味わいを楽しませてもらえるはずです。