よろしい、ならば戦争だ。

作者 朝宮ひとみ