16歳になった双子の幼馴染が、結婚しろとせがんでくる件について。

作者 ミヤ

407

154人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!



 話の大元として、「美少女である双子姉妹から迫られる」というフレーズを大事にしつつ、その中で確りとしたエピソードが散りばめられています。
 経緯を大事にしつつ、感情描写がとても上手で、読んでいるだけなのにアニメを見ている気分になれるのは、それだけ作者さんが上手いからでしょう。

 双子姉妹、その人となりを正反対にしつつ、脆く弱い心を持つ部分は同じ。家族としての常識をしっかりと設定した上でのロマン溢れる設定に、溜まりません。

 大人しい妹、活気的な姉、けれど2人は優しくて脆い。互いに心の内がある程度わかるからこそ、本当に大事なことに気付けるんです。そして、そこで主人公と触れて、傷を、悩みを、溶けさせていく。

 時たま零れる主人公の言葉は、姉妹をメロメロにすると同時に、心を救っているんですよね。本当に、素晴らしいです。