第7話 仮想通貨相対取引の決め手は仮想通貨大好き顔

 仮想通貨取引き好きの顔、それは普段仮想通貨の取引をしてる時に自然と顔にでる。

仮想通貨の値動きを見ているうちに、自然と身に着く顔なのだ。

罫線がいきなり下がった時の不安と、すこしずつ上がっていく時の悦びの顔が入り混じって、仮想通貨の取引をしているとかならず仮想通貨取引好きの顔をするようになる。

だけど男の子に誘われたときに仮想通貨取引好きの顔を作るには普段から練習しておいたほうがいい。

眉を少しよせて、眉頭だけをつり上げてゆがんだ眉を作る。

目を細めにして目元から涙が出そうになるのを堪えるような顔にする。

罫線が下がった時の不安な気持ちが眉にでたときの表情だ

唇は細めにつぼめて少し前に突き出しながら、唇が開くように口を開ける。

軽く吐息をいつて唇が震えるようにして舌先を唇に絡ませる。

のど元から首筋にかけての筋肉を緊張させて、細い筋肉が目立つようにしながら肩を上下に軽く震わせる。

相場が暴落と急沸を繰り返して方向が定まらない時はしたときは誰でもそんな顔をするものだ。

細かい所まで気を配って、全体のバランスのよく取れた仮想通貨取引好きの顔を作ろう。

最初はなかなか出来ないが、鏡を見ながら何度も練習すれば次第に上手く仮想通貨取引好きの顔ができるようになる。

男の子はこの顔を一目見たらもう仮想通貨取引をしたくてたまらない顔だと条件反射で反応する。

大抵の場合は、すぐに男の子の手が伸びてきて目の前に男の子の携帯の仮想通貨取引口座の残高を見せつけて来る。

「俺と直接取引しないか、俺は仮想通貨いっぱい持ってるんだぜ」と男の子はきっと言うはず。

男の子の口座に表示された残高が予想外に多ければ自然と仮想通貨取引好きの顔になるのはありまえ。

口座の残高がよく見えるように携帯をすぐ目の前に突き出してくるはずだ。

ここで目をそらしてはいけない。

自分の気持には逆らえないようなそぶりで仮想通貨取引好きの顔を続けながら、気になって男子の携帯から目が離せないそぶりをするのが上手な反応だ。

「ビットコインか大好きなのかな、それとも草コインのほうがいいのかな。俺はどっちでもいいぜ」と男の子は仮想通貨取引のお誘いの言葉を並べてくるはず。

適当に返事をしながら、仮想通貨取引好きの顔を続けよう。

「これで精いっぱいだ、この辺で利確しないか」なんて言葉が男の子の口からでてくるのも時間の問題だ。

ここで裏技のテクニックを使おう。

唇を舌で舐めては何度かため息をついて男の子の視線に訴えるように涙目になりながら、男の子の携帯にちらちらと視線を動かす。

ガチホしようかそれとも利確しようかと迷っている時の表情だ。

もうそのころには男の子はすぐにでも仮想通貨取引の決済がしたくて我慢できなくなっているはずだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

仮想通貨ビットコインの暴落 七度柚希 @yuki_nanotabi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ