異世界健康メシ ~知識チートで誰かを救済する管理栄養士の物語~

作者 お米ゴハン

111

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界オーベルへと召喚された管理栄養士の主人公が、栄養学の知識を活かした美味しくて栄養バランスのいい健康食で人々の心と身体を満たしていく光景が心温まりました。

異世界に召喚されるにあたって神様から好きなスキルを授けると言われ、時間停止や無限の魔力などの最強チートスキルですら選り取りみどりなのに、主人公の朝山橙也が選んだのは食材の栄養価を鑑定したり、カロリーを計算したりと、栄養士としての自分を活かすスキルで、自分が作った食事で誰かを幸せにしたいと願う、生来のお人好しぶりに好感が持てます。

橙也が訪れたサンティメールの街では、料理とは「美味しいが身体に悪いもの」か、「身体に良いが不味いもの」という両極端の考えが根付いていて、そんな偏見を払拭するために大衆食堂で働き始めるのが現在までの話ですが、これからどんな客と出会い、どんな料理を作っていくのか興味が掻き立てられます。

「異世界グルメ」という定番化しつつあるジャンルに「健康食」という切り口で挑む設定が新しい作品です。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

美味しいけれど高カロリーは成人病の元、低カロリーは体に良いけど味気ない。
そんな食の悩みは異世界でも同じだけども、やはり高カロリーを求めてしまうのは人の性なのかもしれません。
そんな食に悩む異世界へと飛ばされた兄妹、ヘルシーで美味しい料理を生み出し異世界の人々の食生活と胃袋を救済していく!
異世界料理系が増えていますが、ヘルシーさやカロリーに気を遣うのは今作は珍しい部類に入るでしょう。試しに一度お読みになっては如何でしょうか?

★★★ Excellent!!!

 健康的な料理はマズイ――

 そんな考えが当たり前の国“ミレイスカイ”へと召喚されてしまった主人公と妹。
 ちょっと待て、管理栄養士としてその考えは看過できません! 主人公は健康的かつ美味しい料理を広めるため尽力しようと決意。
 手始めに、健康的だが味は残念と評判の“健康食堂”で、この世界の常識をぶち破る第一歩を踏み出す……!