第2話 腐食パンネコ

<ドゥルンドゥルン!>


 荒野の中を男が土煙をあげながらバイクで駆け抜ける。

 

 ふと前方に小さく蠢く獣の姿が目に入った。


 子猫だ。


<ドゥルンドゥルン…ジャッ!ガチャン!>

 男はバイクを止めて降りると屈んで子猫に向き合った。


「チッチッチッチ…」

 

 口を小さく鳴らし子猫を呼ぶ。

 

「にゃー」


 トコトコと子猫が近付いてきた。

 男は顔から腐食したパンを小さく千切ると、子猫の目の前にスッと差し出した。


「にゃー」


 はぐ…

 子猫が一口くわえた瞬間、


<ビュロロロロロロッ!>


 細切れのパンは禍々しく巨大化し、触手のように子猫の頭を包み込んだ。


「ぶに゛ゃ゛あ゛ぁ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ーッ!」

 

 みるみる内に子猫の頭は腐食パンに取り込まれていき、子猫の身体に腐食パンを被った生物がそこに現れた。


「にゃ?」


 今ここに『腐食パンネコ』が誕生した。


「にゃー」


 腐食パンネコはタタスタンと男の肩に乗ると、ズブッと男の腐食した角食に顔を埋めた。途端、角食同士が融合を始める。


「にゃー」


 腐食パンネコが取り込まれた腐角食の中で嬉しそうに鳴いた。

 それから男の頭には子猫が住み着いた。


 角食は強い。

 衣食住の全てを賄うことが出来る。

 惜しむべきは男が軽度の小麦アレルギーであったことだった。

 だからいつも目が血走っている。


「にゃー、ごろごろごろごろ」


 腐食パンの中で子猫はのどを鳴らしている。


<ブォン!>


 男はバイクに火を入れると、また荒野を走り出した。


 『腐食パンマン』

 子猫が大好き。


 『腐食パンマン』

 “チャトラン”のことを大人になるまで“チャラトン”だと思っていた。


 『腐食パンマン』

 盗んだバイクで走り出す。暗い夜のとばりの中へ。


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます