Case1 ファーストコンタクト

 関東の一地方都市・蕗杖ろづえ市。

 4月1日……世間一般的にはエイプリルフールなどという、どんな嘘も許されるというふざけた記念日であるが、今年の俺にとっては〝受験生〟という名の過酷な冬の時代を生き抜き、穏やかな春とともにようやく訪れた輝かしいハレの日――高校の入学式である。

 もしここで「ぢつは、入試受かったってのは真っ赤な嘘でしたぁ~!」などという笑えない冗談を言うやつがいたら、エイプリルフールだろうがなんだろうが、そいつの額の真ん中に容赦なくマグナム弾をぶち込んでやることだろう。

 とまれ、そんな名門校でも落ちこぼれ校でもない平均レベルの平凡なとある高校の入学式の日、滞りなく退屈な内容の式次第もすべて終了し、他の新入生達同様、うだうだと帰路につこうとしていた時のことだった。

「――すまん。ちょっと取り行ってくる!」

「ああ。んじゃ、校門とこで待ってるから。早くしろよ?」

 俺――こと、上敷正論かみしきまさとしは、同じ中学出身の友人・伴野友男ばんのともおにそう断って、もと来た廊下を教室の方へと走り出した。これから伴野や他の同校出身者達とカラオケへ行くことになっていたのだが、うっかりスマホを机の中に忘れて来てしまったのだ。

「チッ…入学早々ツイてないぜ……」

 真新しい灰色グレイのブレザーの裾を翻し、昇降口前の廊下を駆け抜けると、俺は渡り廊下へと猛スピードで突入する……下履きに靴を履き替える段になってようやくそのことに気付いたのであるが、教室はこの棟ではなく、渡り廊下を挟んだもう一つ向こう側の棟にあるのだ。

「クソ、なんでこう教室が遠いかな……ん!?」

 しかし、雨避けに屋根が付いているだけの、ほぼ屋外と変りないコンクリ製のその廊下を途中まで来たところで、俺は思わず足を止めることとなる。

 渡り廊下からは学校の敷地境に植えられた桜並木が覗えるのだが、その今は盛りと咲き乱れる桜の木の下に、女生徒が一人、立っていたのだ。

 どこかこなれていない真新しい制服を着ているところからして、自分と同じ新入生だろうか? 色白で顔のパーツも整ったまず間違いなく美少女の部類に入る女子である。長過ぎず、短過ぎもしない艶やかな黒髪を春のうららかな風になびかせて、ピンクの花びらが舞い散る幻想的な景色の中、うっとりと細めたカワイらしい瞳で満開の花を見上げているのだ。


 天女に会った……。


 彼女を見た瞬間、俺はそう思った。でなければ、桜の精か、はたまた春の女神である。

 いわゆる一つの一目惚れというやつだ……気が付くと、俺はその神秘性すら感じられる美しいロケーションの中、現実味なく存在する彼女のもとへと足を踏み出していた。

「や、やあ……きれいな桜だね」

 今、偶然見かけただけのまったくの赤の他人であるというのに、大胆にも恋心などという不合理な感情に突き動かされ、俺は少しでもお近付きになりたいですと月並みなつまらない台詞で声をかける。

「………………?」

 突然、見知らぬ男に声をかけられた彼女は、ゆっくりとした動きでこちらを振り向くと、怪訝そうな顔で少しだけ小首を傾げる。

「………………」

「あ、い、いや、その……桜、きれいだなあと思って……」

 そのまま澄んだ瞳でじっと見つめられ、その気拙い間に耐えきれなくなった俺は、慌てて視線を頭上の桜の方へ逸らすと、もう一度、苦笑を浮かべながらそう言って誤魔化した。そして、心の中で「ま、君の方がきれいだけどね」と頬を赤らめながら人知れず呟いてみたりもする。

「…? ……ああ、うん。そういえば、確かにきれいだね」

 だが、俺につられて桜の樹を見上げた彼女は、予想通りのカワイらしいアニメ声ながらも奇妙な回答を返す。それはまるで、今になってようやく桜の花に気付いたというような口ぶりである。

 ……え? 桜見てたんじゃないのか? それじゃ、一体何を……。

 不思議に思い、先程、彼女が顔を向けていた敷地境の方を改めて見てみれば、フェンスの向こう側にはマンションが一棟立っている。もしかして、彼女はそのマンションを眺めていたのだろうか?

「あのマンションに何か気になることでもあるの? 誰か知り合いが住んでるとか? あ、ひょっとして、あそこが君の家? だったら近くていいよね」

 考え到ったその推理に従い、今度は満開の桜を見上げたまま固まっている彼女にそう訊いてみるのだったが……。

「マンション? ……ううん。あそこには住んでないし、別に知り合いもいないけど?」

 またしても彼女は小首を傾げ、逆に俺の方が不可解なことを言ってるとでもいうような様子で、こちらの予想とはまるで異なる反応を示す。

 桜でもないし、あのマンションでもないのか?

 二度も勘違いをしてしまい、もうそれ以上、どんなに周囲を見回してみても、彼女が何にあれほど気を取られていたのか皆目見当が付かない。

「え、じゃあ、さっき何を見てたの?」

 やむを得ず、俺は素直にそう尋ねてみるのだったが……

「ん? ……ああ、今ね、UFOが編隊飛行してたから、それを見てたんだよ」

 眩いばかりのカワイらしい笑みを浮かべ、さも当然というように彼女がさらっと返してくれた答えは、そんなトンデモないものだった。

「…………え?」

「あっちの空から向こうの赤毛山の方へ飛んで行ったんだよ。ほら、あの山ってUFOの秘密基地があるんじゃないかって話でしょ? だから、もしかしたらまたこの上を通るかもしれないし……あのUFOの編隊、戻って来ないかなあ」

 彼女は再び上空へ顔を向けると、掲げた人差し指で未確認飛行物体の軌跡を宙に描きながら、キラキラと円らな瞳を輝かせて愉しそうにそう続ける。


 ……で、で、デンパさんだったんだあぁぁぁぁ~っ!


 そんな彼女の華奢な後姿を見つめ、俺はちょっと仰け反りながら心の中で叫び声を上げた。

「もう何度もUFOは見てるけど、あんなにたくさん一度に見るのは初めてだよ。もしかして何かあったのかな? はっ! もしや、ついに人類滅亡の日!?」

 俺の心の叫びなどまるでお構いもなく、彼女はなおもそんなデンパ極まりない独り言を空に向かって呟いている。

これが、俺と彼女のあまりにも衝撃的で、そして運命的な出会いの瞬間だった……。


「――上敷、あいつだけはやめとけ。な、悪いことは言わん」

「なんでだよ? それりゃあまあ、ちょっと考え方に偏りはあるかもしれないけどさ……」

 入学式より一週間後。体育の授業中の休憩時間、俺は伴野と彼女のことについて言い争いになっていた。

「問題点といえばその一点だけだで、あとは完璧だろ?」

 無駄にグランドを走らされた後、涼しい木陰に座り込んで向こうを眺めてみれば、「きゃあ、きゃあ」と黄色い声を上げながら柔軟体操をしている女子達の中に彼女の姿も見付けることができる。

 大きからず小さからず、年相応な胸の膨らみと短パンから覗くスベスベな〝絶対領域〟も目に眩しい、制服と同じ灰色グレイの学校指定体操着姿もこれまたなかなかである。これがさらに無粋な短パンでなかったら……ああ、今やフィクションの中でしか見ることのなくなったブルマの現役なりし頃を知る大人達が羨ましい……。

 などと、年頃の男子特有のスケベな思考に陥りながら彼女の方を眺めていると、「おまえ、誰が一番好みだ?」なんていう、やはりバカな男子特有の下世話なネタを伴野が持ち出し、そこから自然な流れで彼女の話題に発展したのだった。

 彼女の名は天音乙波あまねおとはと言った……天女のように可憐で麗しく、どこかふわふわとした印象を持つ彼女には大変よく似合う、実にカワイらしくぴったりな名前である。

 入学式の最中には目に留まらなかったが、やはり俺と同じ新入生で、となりのクラスの生徒だったらしい。

 ま、同じクラスでないのは非常に残念ではあるが、幸いにもうちの高校では体育の授業をとなり合うニクラス合同で男女二手に分れて行っているため、ありがたくもこうして魅惑的な体操着姿の彼女を拝めているというわけだ……ちょっとばかし距離あるけど。

「そこが問題なんだよ!」

「そうだな。できればもうちょっと近くで、あの甘酸っぱい香りのしそうな色白柔肌ボディを舐めるようにまじまじと……」

「はあ? なにいきなり変態チックなこと口走ってんだよ? 俺の話ちゃんと聞いてるか?」

 その言葉を違う意味に捉え、不覚にも本能の赴くままに心の声を呟いてしまうと、伴野はひどく渋い顔を作って侮蔑するような目で俺を見つめる。

「ああ! おまえ、天音見ながらエロい妄想思い浮かべてたな? ……上敷、見た目に騙されるな。お前は彼女の恐ろしさってものをまったくもってわかっちゃあいない」

 そして、同様の単純な思考パターンを持つ男子高生同士、すぐに俺の心中を察すると、首を左右に振り振り、もう一度、改めて苦言を呈して来る。

 そう……「誰が一番好みか?」話になり、俺が天音押し(・・)であることをさりげなく告げると、伴野はいつもの如く情報通ぶって、上から目線で俺を嗜めてきたのだった。

 このイガグリ頭の一応野球部に入部した悪友は、野球の練習よりもそうした女子のデータ集めに余念がない、ギャルゲやエロゲ、ハーレム状態アニメには必ず一人は存在する、ストーリーの進行には欠かせない色ボケ青春野郎なのである。

「わかってないって、じゃあ、お前に何がわかるってんだよ? お前だって彼女のこと知ったのはこの高校入ってからだろ?」

「フフフ、俺様の情報網を甘く見てもらっちゃあ困るなあ……ああ、しりあっち、君からも言ってやってくれよ。天音はやめといた方がいいってさ」

 別に自分の秘めたる思いを披露するつもりはなかったが、その言い様に思わずむきになって彼女を擁護すると、近くに座っていた同じクラスの後合知人しりあいともとへ伴野は話を振る。

「ん? ああ、天音か。確かにカワイイけどね。僕もあんましおススメしないなあ」

 すると、こちらの会話をなんとなく聞いていた後合は、額にかかるサラサラな髪を掻き上げながら、まるで俺を憐れむかのように眉根を寄せてそう返事を返した。

聞くところによると、彼女は後合と同じN中の出身らしい。ああ、ちなみに学校名はプライバシー保護のため、イニシャル表記にしておこう。

「いや、見た目だけじゃなく、性格もそんな悪くないし、別に不思議ちゃんや天然ってわけでもないだろ? 日常会話もとりあえず普通にできるようだし、ただ、いつも頭の中でトンデモなこと考えてるだけで、それ以外はいたって普通の…」

「そこがいっそう厄介なところでね」

 再び反論を試みようとする俺だったが、そんな俺の口を後合の言葉が塞ぐ。

「これが見た目だけで、一度(ひとたび)口を開いたら〝あ、ヤバイ、ちょっとアレな子だ!〟ってわかるようだったらまだいい……でも、彼女の場合、話題がことさらトンデモ系な事象に及ばない限り、どっからどう見ても極めて一般人の非の打ちどころのない美少女にしか見えないんだ。だから誰も彼女の本性に気付くことはなく、野郎どもはみんなまんまと騙される」

 確かに……俺もあの時、彼女が偶然、UFOの編隊飛行だかを目撃した(らしい…)直後だったから気付けたものの、もしそうでなかったら、きっと今でもまだ彼女がトンデモ系であることにまるで気付いていなかったに違いない。

「だけど、そうとは知らずにつきあいだした後のことを想像してみてごらん? より親密に話しをすればするほど、彼女との距離が縮まれば縮まるほど、自分と彼女との間には、今、見ている世界の認識に大きな齟齬のあることを思い知らされる……この世界観の違いってのはつきあっていく上でかなり致命的だ。言うなれば、彼女は僕達とは違う別世界の人間――まさに、エイリアンなのさ」

「エイリアン?」

「そう。あの宇宙人といったら定番の〝リトルグレイ〟じゃなくて、なんとかいうおっさんが会った〝金星人〟みたく、外見は見目美しい人間でも中身は遠い星から来た異星人って感じだね。そこにコロっと騙されて、過去に何人もの愚かな男達がアタックしたけど、一回デートに行っただけで、みんなあえなく自主的に破局さ。千年の恋もなんとやらってやつだ」

 俺は、後合の言うように頭の中で彼女との交際をシミュレーションしてみる……確かに、一度のデートでそうなるかはわからないが、遅かれ早かれその結末は、こいつの言う通りなのかもしれない。

「ま、とはいえ、これは彼女の中身をよく知る者にしかわからないことだからね。高校に入って、そういう事情を知らない哀れな野郎どもがまたたくさん増えたから、しばらくはそんなアホウにも騙される被害者が続出することと思うよ?」

「うっ……なんだか、まるで自分が経験したような口ぶりだな。もしかして、お前もそのアホウの口か?」

 まるで俺のことを言っているようなその台詞に顔をしかめた後、俺は後合の話をもっともだと思いながらもどこか悔しいような感じもして、やけに実感を持って語る彼に多少の嫌味も込めて尋ねてみる。

「いやあなに、僕の友人の友人にそんなアホウがいてね。そいつの話をその友人から聞いただけのことさ……」

 その質問に、後合はどこか昔を懐かしむような遠い目をして、彼女ともども女子達の戯れる、男子高生には眩し過ぎるキラキラとした青春の景色の方を見やった――。


 だが、翌日の放課後……。

「――ああ! あなた、入学式の日の……そっかあ。あなたが上敷くんだったんだあ……それで、話って何?」

「あ、いや、その……なんというか……ゴクン…よ、よかったら、俺とつきあってやってください!」

 あれほど友人達に忠告されたにも関わらず、俺はラブレターなんぞという古風なツールで呼び出した校舎の屋上において、天音乙波に愛の告白をしてしまっていた。

 彼女が極度のトンデモ系であることはすでにわかっている……伴野や後合が言うように、彼女との恋愛が困難であることも充分理解しているつもりだ……だが、最早、手遅れだった。それよりも先に一目惚れしてしまったのだから、もうどうしようもない。

 恋とは、そうした理屈ではどうにもならないものなのだ。彼女の超絶的なカワイらしさもさることながら、その上、あの神々しいまでの美しいロケーションの中で出会ってしまったことがさらに追い打ちをかけている。

 そして、昨日の後合の言葉だ。


〝しばらくはそんなアホウにも騙される被害者が続出することと思うよ?〟


 そんなアホウどもに先を越され、彼女を他の誰かに取られるかと思うと、俺は居ても立ってもいられなくなった……あの言葉は、俺ののぼせ上った頭を冷やすどころか、むしろ逆に背中を後押しして、ご親切にも最後の一歩を踏み出す手助けをしてくれた。

 そして、若気の過ちな熱に浮かされた俺は、今、こうしてここに到るというわけだ。

「………………」

 俺はガチガチに固まった身体を斜め45°に折り曲げたまま、夕陽に染まるコンクリートの床にえらく細長い奇妙な影を引いて、じっと彼女の返事を待つ。

「……うん。いいよ。デートはわたしの行きたい所へ連れてってくれるんだったらね」

 すると、僅かの間の後、彼女は屋上を吹き抜ける春風にも似たとても穏やかな調子の声で、そんな色良い返事を口にする。

 ……え? ……それって、YES……ってことでいいんだよな?

 思いを抑えきれずに突っ走ってしまったものの、勉強・スポーツ・容姿etc.…どれを取ってもパッとしないところへ持ってきて、あの日、ほんの二言三言、言葉を交わしたきりで(しかも、あんなトンデモトーク…)、ほぼ完全に見ず知らずな、ただの同級生なだけの男の告白なんて、まずもって確実に断られるだろうなと覚悟を決めていた俺は、その拍子抜けすらする良い答えを聞くと、思わず上げた顔をポカンと呆けさせてしまう。

「……あ、ああ、もちろんだよ! 例え火の中水の中、どこだって君の好きな所へ連れてってあげるよ!」

 そして、時間の経過とともに彼女の言葉の意味をよく噛みしめると、その返事がこの〝夕陽に染まる放課後の屋上での告白〟という、いかにもなシチュエーションに絆された、恋に恋する乙女なお年頃の一時の気の迷いではないのか? という強い不安が頭をもたげ始め、彼女の気が変らない内にと慌ててそう大見得を切って宣言してみせる。

「なら決まりだね。それじゃ、さっそく今週の土曜、目之頭めのがし公園へボート乗りに行こう?」

 だが、それは要らぬ心配だったのか? そんな俺の大仰な台詞に彼女は切り揃えた前髪を微かに揺らし、ドキリとするような満面の笑みを浮かべて俺をデートに誘った。

「ああ! そりゃあもう、よろこんで!」

 無論、俺が一も二もなく頷いたのは言うまでもない。

 ……しかし、後になってひどく後悔することとなるのであるが、どうやら彼女の出したこの交換条件を、俺は少々甘く見過ぎていたらしい……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます