融解。

窓の外を覗くと、雨が降っていた。


「あ、」


視界にあの子が映った。

あの子は、雨の中傘も差さずに雨に打たれて空を仰いでいた。

僕は傘を持って、あの子に駆け寄った。


「風邪ひくよ?」

「君は、優しいね」

「そんなことないよ」


ひとつの傘の下で、あの子はただ水たまりを眺める。

沈黙。

すると、徐にこっちを振り向いたあの子と目が合った。


「雨に、溶けられたらいいね」

「溶ける?」

「そう。僕は、雨に溶けて消えられるなら本望だよ」


ふいに、あの子は傘から飛び出した。

なんだか、本当に雨に溶けてしまうようで私はあの子の細い手首をつかんだ。


「あのね、僕ねーーーーーーーーーーーーーーーーー」


つかんだはずの細い手首の感触はなくなって、私の手は空を切る。

泣きながら微笑んだあの子は段々と消えていく。


「ねえ、まって」


ーーーーバイバイ。


‘‘バシャッ‘‘


あの子は水たまりになって、どこの誰なのかもわからない人に踏まれて

壊された。


雨が降るたびに思い出すあの子の涙は雨の色。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます