解毒。

「みんな死ね、しんじゃえ、」

その言葉を耳にしたあの子は、眼を見開いて私から視線をそらさない。

そして、「そんな言葉、使っちゃだめ」なんて言う。

どんどん歪むあの子の顔。

どんな表情でさえ、綺麗だ。


きっと、あの子は汚れていないから。

きっと、あの子は私とは違う世界に住んでいるから。


「私と貴女は一緒にいちゃだめだよ」

「どうして」

「貴女は汚れを知らないから」

「君も私と同じよ、汚れてなんかいない」


どうして私の事で涙を流せるの?


「死ねなんて言葉、君は使っちゃいけない」


金髪と黒髪が靡く、マンションの屋上。私たちの秘密の場所。


「私たちが生きるには、この世界は汚すぎる。そう、思わない?」


あの子は言う。


「汚い人間が君の綺麗な心を奪おうとするから、君は嫌がらせを受けるの」


あの子は金髪を揺らして振り返り、私の頰をなでる。


「君は美しいよ」


柵を越えたこの秘密の場所は、視界を遮るものが何も無く街を見下ろす。


いつの間にか泣いていた。

少し困ったようにあの子は微笑んだ。

そして、私の左手を掴んで呟く。


「生まれ変わったら、幸せになろう?」


これが汚いこの世界への、小さな反抗。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます