不揃いな関係

 早朝。朝靄が覆い被さる山は、蒼い影となった。

 山中にいるモカたちの目にも、近くの木々は緑だが、遠くに見える山並みは蒼く映る。

 湿気を含んだ空気は平地よりも冷たく張り詰めていて、まだ日の入りが甘いということもあり、宴のまま泉の近くで雑魚寝してしまった者たちは、肌寒さを感じて二の腕をさすった。

「……幻想的、三割増しですな……」

「いや、かっこつけてないで……。ほら、忘れ物はない?」

 モカが腕組みして、朝靄の立ち込める泉を眺めて浸っていると、テキパキと出発の準備を整え終え、旅装になったノロが言った。

 モカはパッと表情を普段通りに戻して、ノロに振り向きそれに答える。

「うん! バッチリだよ!」

「そう。じゃあ、もうそろそろ行くよ?」

 ノロはモカの元気な返事に微笑みながら、地面に落ちた杖にするのにちょうどよさそうな枝を吟味している。

 まだ長距離を、それも山道を歩いて下山できるほど、ノロの脚の具合はよくない。

「……トリマーズ、いなくなっちゃったね……」

 その様子を見て、しゅんとするモカ。

 せめて怪我が治るまではゆっくりしようよ、と言いかけて、その言葉を引っ込めた。

 手紙を届けるという本来の目的を達成するためにも、これ以上この郷に長居することはできない。

 けれど、そのための移動手段が、食糧を載せたままどこかへ逃げ去ってしまった。

 今もこの山のなかにいるのだろうが、あの個性豊かなディアトリマたちが、三羽まとまっている保証はどこにもない。

 それに、運よく見つけたとして、走るディアトリマに人の足で追い付くのは不可能だ。捕獲は諦めるよりほかないだろう。

 また、この旅は領主であるローエンワイツからの依頼である。加えてオルタナ領の現状も加味すると、殊更、いつまでも待たせるわけにはいかなかった。

 これからは徒歩でヒッセニア領へ向かわねばならないのだから、のんびりと悠長に過ごしている時間はないのだ。

「エ、エイモン、頭が割れそうだ……。水を……泉から水を汲んできてくれ……」

「若様……。だから言ったでしょう、泉の水はコカトリスの毒で飲めませんよ」

「くそ……コカトリスめ……この恨み、生涯忘れんぞ……!」

 顔面蒼白なヘンリーが力のない声を出して、しかしその要求はエイモンにすげなくあしらわれた。これも良好な主従関係の、ひとつの形であろう。

 二日酔いのせいで、コカトリスへの恨み節にも大した迫力はなく、だからこそ本当に根に持ちそうだ。

「行くのか、只人サリードらよ」

 そうしてモカたちとヘンリーらが、各々旅支度の確認をしていると、いつの間にか近くにいたドルイドが声をかけてきた。その後ろには、郷の小人たちが控えている。

「はい! 昨日は楽しかったです!」

 モカが弾ける笑顔で返答すると、エイモンもうやうやしくそれに続く。

妖精の宴フェアリーリングにご相伴あずかり、光栄の至りでした。あるじに代わって感謝の意を、ドルイド殿」

「うむ、よい。我らもあのような、めでたき大宴は久方ぶりであった。誠に良い酒であったぞ」

 ドルイドはもてなしに対する礼を、素直に受け取った。そして脇にいる小人の青年をチラリと見て、目で合図を送る。

「昨日、会談の前に捜索隊を放っておいた。鳥どもは見かけなんだが、馬のほうは箱車をいていたおかげで、見つけるに容易たやすかったぞ」

 その言葉と共に、二頭立ての箱型四輪馬車が、ゴトゴトと車輪を鳴らして登場した。

 二頭の馬の手綱を引いている小人らは計八人で、馬一頭につき四人一組になっている。

 彼らは御者台に座らず飛んでいるから、一見して手綱がひとりでに浮いているように見えた。

「おお! これはまさしくウェスクス伯家の家紋! ドルイド殿、並びに捜索に出てくれた小人殿たちにも、重ねて感謝を!」

「うぅ……エイモン、あまりでかい声は出さないでくれ……」

 感激したエイモンが思いがけず大きな声を出すと、木に寄りかかっていたヘンリーが弱々しく呻いた。

「も、申し訳ありません若様。さぁこちらへ。馬車のなかでお休みください」

 それに焦ったエイモンは、すぐにヘンリーのもとへ駆け寄り、肩を支えて車内へと誘導する。

 そしてヘンリーが馬車のあちこちに捕まりながらも、ようやっと箱車のなかに乗り込んだのを確認すると、エイモンはその扉を閉め、サッと御者台に腰掛けた。

「では、わたくしどもはこれで。ドルイド殿、どうかご健勝で」

「うむ。……ん? なんだ? あの者らは乗せていってやらんのか?」

 エイモンがピシリと手綱を打とうとしたとき、ドルイドが髭を撫でつけて言った。

 それを耳聡く聞いていたモカが、期待した顔になる。

 対して思案顔を浮かべるエイモンに、ドルイドは続けた。

「汝らの旅が別々だということは聞いておる。だが、汝らはこの二日間で、多少なりとも縁を持とうて。行き先が同じであるならば、乗せていってやるがよい。箱車もまだ空いておろう?」

「し、しかし……わたくしは馬をらねばならず、その間にもし箱車の密室で若様に何かあったら……」

「いいじゃないのよ、乗せてあげるくらい」

 渋るエイモンに、飛んできたフィオナが噛みついた。

 彼女も一度自宅に帰り、郷を出る支度を済ませてきたはずなのだが、荷物らしきものは腰につけた巾着だけだ。

 その軽装のおかげか、彼女は思いのままに宙を飛び、エイモンの鼻先でピタリとホバリングして言った。

「モカちゃんたちを信用できないってんなら、あんたらのがよっぽどよ? 騙してトンズラここうとしたんだからね」

「うぐ……!」

「でも、それはあたしも一緒。だからあたしは償うの。あんたたちもヒッセニアに行くんでしょ?」

「あ、ああ、そうだが……」

「なら乗せなさい。それくらいしなさい。それに、あたしはモカちゃんたちを道案内するつもりだから、乗せればあんたたちも早く着けるわよ」

「ぬ、ぬぅぅ……しかし……っ!」

「な、何よ、とっとと決めなさいよ」

「エイモン、乗せてやれ」

 エイモンが葛藤に唸っていると、その背後で御者台側にある箱車の小窓がパタリと開き、ヘンリーが顔を覗かせた。

「乗せてやれ、エイモン。僕は構わな……うぇっ……くっ、……構わない。その女の言う通りだ。僕らは償うっ……べきだ……うぇっ」

「わ、若様……」

 エイモンは「ご立派です」と言おうとして、けれどヘンリーの有り様を見て言い損じた。

 代わりにフィオナ、そしてモカやノロのほうへ向き直り、言う。

「……若様の仰せです。わたくしは皆様を若様の客人として扱いましょう。どうぞ、ご乗車ください」

「ぃやったぁ! いいのっ? ありがとう! フィオナさんもドルイドさんも、おじさんもゲロゲロくんもありがとうっ!」

 モカがピョンピョンと飛び跳ねて礼を述べると、ドルイドは「うむ」と一言残して、郷の奥へ下がって行った。

 ノロはその背に、「不器用だなぁ」と一人つぶやく。

「ぶ、無礼な。僕の名はヘンリーだ、ゲロゲロくんなんかではない……まだ吐いて……うっ、く、……吐いてなんかないぞ……!」

「お邪魔しまーす! おぉ~、わたし、初めての箱型馬車だ……。ほら、フィオナさんもノロもおいでよー!」

 ついでにヘンリーも不名誉な呼び名に異議を申し立てていたのだが、おてんばが発動したモカには聞こえなかった。

 そんなモカに呼ばれて、フィオナも車内の様子を見に箱車へ入っていくと、ノロは杖をついてエイモンに近寄った。

「俺もそっちを信用してない。お互い様だ。だけど、この脚だからね。分が悪いのはこっちだと言えば、少しは安心して運転に集中してもらえるかな」

「……申し訳ありませんでした。初対面のわたくしどもに食糧を分けていただいて、あのときご馳走になっておきながら、数々の非礼、無礼、誠に……己の行いを恥じるばかりです」

「……ヒッセニアまでよろしく頼むよ、エイモンさん」

「はい。若様の従者として、ウェスクス伯家の家名を汚さぬよう、全身全霊をもって」

 かくして、モカとノロの旅は、昨日の晩にフィオナが加わり三人に。

 そして今、ヒッセニア領までの暫定として、ヘンリーとエイモンも数え、五人になったのだった。

 只人サリード四人と小人フェアリー一人は一路、アシュエル公国連盟屈指の大都市であり、只人サリード至上主義を掲げる領地へと向かう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます