裏腹な事情

「……で、あなたが仕掛けた罠から、モカが蝶を逃してしまったと……」

 両者から事情聴取すること数分、やっと話が見えてきた。

 ぴゃーぴゃー泣くモカとがーがー荒ぶる小人をなだめるのに、どれだけ時間を要したことだろう。

 ニモツトリマはここぞとばかりに脱走を試みるし、まさに阿鼻叫喚の地獄絵図といった光景だったのだが、唯一冷静だったノロがその場をなんとか平定し、双方の言い分から状況を整理するまでに漕ぎつけたのである。

 おかげで二人はようやく落ち着きを取り戻し、代わりにノロはげっそりとしていた。

 もしも次に同じようなことがあれば、きっと見て見ぬふりをするに違いない。

「え、ええそうなの。そういうことされるとちょーっと困るっていうかぁ、あたしたち小人フェアリーにとっちゃ死活問題っていうかぁ」

 モカトリマのくらにちょこんと座り、憔悴したノロをちらちらと見る小人。

 脚を組んではいるものの、先ほどまでの暴君ぶりはすっかり鳴りを潜め、今は借りてきた猫のように大人しい。

 しかし死活問題などという不穏な単語が混じるあたり、未だ溜飲が下がってはいないようだ。

「こんなの小人フェアリーじゃないもん……」

 対して、ノロの背中にしがみつき、ぽそっとつぶやくモカ。

 一応反省はしているみたいなのだが、諸々の私情を含めこちらもまだ納得がいかない様子で、その恨めしそうな顔には多少の、いや、多分に私怨が滲み出ていた。

「こんなのってなによ。あたしのどこが小人フェアリーじゃないって?」

「……だってなんか怖いもん」

「怖い? どっからどう見てもかわいい小人妖精さんじゃない。ね、ねぇお兄さん?」

「……えっ? あ、ああ、そうですね」

 流れ弾に被弾したノロが咄嗟に適当な返事をすると、小人は「わ、はぁあ……っ!」と両手で頬を包んだ。

 ほんの数分前までは、その形容詞からはかけ離れた一面を披露していたというのに、まったく乙女とは裏腹な生き物である。

 しかしその主張はあながち的外れなわけでもなく、手のひらサイズの小さな身体と背中に生えた四枚の翅は、その証の最たるものだといえよう。

 おまけに自称するだけあって、容姿も一概に否定できないほど整った造形をしており、まるで絵本から飛び出してきたかのようだった。

「わたしがちっちゃい頃に読んでた絵本じゃ、小人妖精さんは蝶々ちょうちょの翅してたもん……」

 だが、モカが思い描いていたイメージとは、ほんの少し、わずかに違った。

 もちろん本物の小人フェアリーと会ったのは初めてだったが、モカの知るところの小人フェアリーというのはあくまで綺麗な蝶の翅をしているものであって、間違っても今目の前にいるような蜻蛉とんぼの翅じゃなかったはずなのだ。

「はっ、蝶の翅なんか飛びにくいったらないわ。あんなの揺れて酔うだけよ」

 しかし目の前にいる本物は、拗ねたモカの苦し紛れの一言を鼻でわらった。

 なんとも夢のない反駁はんばくだったが、その言いようには少々引っかかるものがある。

「……蝶々ちょうちょの翅で飛んだことあるの?」

「あるわよ、成人の儀の練習にね。蝶の翅はパーティとか……そういう儀式とか式典用だから」

 もたげた疑問をモカがぶつけてみると、小人は事も無げに言ってのけた。

 そしてそれはまさに、モカを更なる奈落へと突き落とす一言だった。

「……もしかしてその翅――」

「モカ、それ以上はいけない」

 恐る恐るそれを口にしかけたモカに、すかさずノロが制止に入る。

「付け替えれるわよ? なに? 直に生えてると思ってたの?」

 が、時すでに遅し。禁断の箱はとうに開いていたらしい。

「……ねえノロ?」

「……うん?」

「嘘……だよね?」

「……モカ……ごめん」

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

「えちょ、どうしたのっ!? あんたなに泣いてんのっ!?」

 知らぬが仏。そういうものも、世の中にはある。


 そして数分後、そこには覚悟を決めた顔をするモカがいた。

 断固として「信じない、証拠を見せろ」と泣くモカに、事情を知った小人も「只人サリードの幻想を押し付けるな」とヒートアップして、こうなっては仕方がないと現実を見せることにしたのである。

「……はい……じゃあモカ、肩甲骨の間のとこ、よく見てみて」

 自分では抜けないため、ノロが代わりに小人の翅を慎重かつ丁寧に抜くと、そこには二人の言う通り、胎内にいた頃の名残があった。

 腹部のそれとは別に、ちょうどサイコロの目のように四つの窪みが並んでいる。

「ちょっとあんたちゃんと見てる? 嘘じゃないでしょ?」

「……ほんとーだぁ……でもおへそっていうより、判子注射の痕みたいだねぇ……」

 本物に堂々と証明され、まるで崩れ去った夢を惜しむみたいな声音でモカが言う。

 なんだか目の生気が失われていっている気もするが、これもまた冒険の一環と言えよう。

「ふふ、あたしらにはね、背中ここに生体電流を集中して流せる特殊な器官があんの。それで付けた翅を痙攣――動かして飛ぶのよ。どう、すごいでしょ」

 あまりに得意げに言うので、痙攣という単語を言い直したことには誰も触れなかった。

 というか、もはやモカは顔面全体に死相を浮かび上がらせ、ノロも沈痛な面持ちでその頭を撫でて慰めていたので、誰も気にしていなかったというのが正解だ。

 深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ、なんていう言葉があるが、こういうときに使ってもさして問題ないのではなかろうか。字面的に、今のモカの心境を表すのにぴったりだから。

小人妖精さん、今回の件ですが――」

「フィローネよ。フィローネ・ウィンド」

 モカを木陰に座らせ、気を取り直してノロが話を振ると、小人が言った。

 それがこの小人の名前だと理解したノロは、そういえばお互いにまだ名乗っていなかったことに気づき、フィローネの翅を付け直しつつ、遅まきながら自己紹介をした。

「俺はノロです。ただのノロ」

「へぇ、ノロくんっていうんだ……ノロくん……ノロくん……」

 するとフィローネは、口のなかで何度もその名を転がした。

 けれどそう何度も呼ばれては、気が散って翅がうまく付けられない。

「それでフィローネさん、今回は本当に――」

「あっ! ちょっと待って!」

「はい? なんでしょう。あ、背中、痛かったですか?」

 止められ、ノロは謝った。

 やっぱり手元が狂ってしまったのか、そもそも細工師でもないノロに、この細かい作業は難しい。

 抜いてしまった手前言いづらいが、森にむ仲間にやってもらったほうがよっぽどいいのではなかろうか。

「いえ、違くて……フィ、フィーネって呼んで。ノ、ノロくん歳は? おいくつ?」

「はい……? ……十六ですが」

「くっ、年下かっ、それも二つも……! ……いや、でもまあ……」

「……あの、なにか?」

 しかし、翅の件ではなかったようで安堵した。

 背中越しにもごもご言っているが、なんか話が逸れていっている気がする。

「なんでもないわ。ノロくん、その子は?」

「ああ、モカです。この度はモカが本当に――」

「そうじゃない、そうじゃなくて」

「……はい?」

「あっ、ああいえ、なんでもないの。……それで、あなたのがしてしまったことだけど」

「あ、妹です。なので俺が兄として償いを――」

「妹なのねっ!?」

「えっ。あ、はい。モカは俺の妹ですが……?」

 食い気味にくるフィローネ。

 やっぱり話が逸れているというか、微妙に噛み合っていないというか、謝ろうとしているのにこれでは埒が明かない。

 だが、被害者的には関係者の立ち位置をはっきりさせ、責任の所在を明らかにしておきたいのだろう。それも一理ある。誠意をもって答えなくては。

「ええと、すみません、さっきお兄さんと呼ばれたので、てっきりわかっているものだとばかり」

「いっいえ、いいのよ。それより本当に妹さんなの? 失礼だけど、その、似てないわね」

「ええ、義理なので。ですが本当の妹のように思っています。なので償いは俺が――」

「なんでもするの?」

「えっ」

 またしても食い気味なフィローネ。もはや狙っていたかのようだ。

 これで必要な情報は開示したし、多少強引なりとも話を推し進めようとしたノロだったが、急転直下、事態は思わぬ方向へ向かってしまった。

 これ以上あれこれ聞かれまいとしたのが、運の尽きだったのだろうか。

「なんでもするの?」

「……できるだけのことをせさていた――」

「できることならなんでもする?」

「……そのつもりです。俺にできることなら」

「っし……!」

 フィローネの小さなガッツポーズが、背中越しに見えた。

 放心状態のモカを差し置いて、話はどんどん進んでいく。それがこの先、吉と出るか凶と出るか。

「……すみませんが、出来る範囲でお願いします」

 どう考えても凶が出るとしか考えられず、当たらぬも八卦を願うノロであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます