第19話 約束

「せっかくだから、最初の二日間とかで回ったところに行こうよ」


 との葵からの提案により、僕らはここサン・マルコ広場を始めとした道筋をなぞっていく。

 まぁ、そうは言ってもあまり大きく広範囲には動いていないので、限られた近場ばかりなのだけれど。


 サン・マルコ広場寺院を眺めて初日のように「おっきいね」と話しをして、そのまま鐘楼の方へと歩く。そして二人分の料金を払ってエレベータに乗り、上へとあがっていく。

 程なくして辿り着いたそこで待っていたのは、少し見方の変わったヴェネツィアの街並み。

 夕焼けに染まる白い建物群は幻想的で、ここが何処か現実ではない、異界の地なのではと思わせてくれる。

 それ程までに、美しい。


「真っ赤だね」


「だね、真っ赤。ここまで光を取り込むとは思わなかったな」


「綺麗……」


 うっとりと景色に目をやる葵の横顔は、日本で子猫に向けたそれを非情によく似ている。

 心の横から、本当に綺麗だと思っている証拠だ。


 四方一望すると、鐘楼を降りてそのままサン・マルコ寺院の裏手、溜息橋を目指し歩いた。

 少しの移動ではあるけれど、癖で葵の方をちらと見ながら歩く。すると、二度目くらいで目が合って、


「ふふ」


 笑いかけてきた。

 思わず、勢いよく前に向き直って前進再開。

 顔、見られてなきゃいいけど。


「溜息橋。ここも、昼間とは随分と違うな。暗いし、空気もここに溜まってる」


「狭いね」


 狭い。

 溜息を吐ける程の距離があるのか、と疑問に思う程に。

 夕闇も相まって輪をかけてそう見えているのだろうが、対岸から対岸まで、数メートル程しかない。

 桐島さんはああ言っていたけれど、僕にはここが、逆の意味を持っているのではないだろうかと思えてならない。ヴェネツィアの街を思って溜息を吐いたのではなく、街すらも見えない狭い格子戸と短い渡し橋に、溜息も吐けぬ程だったのではないだろうか、と。

 桐島さんの言を否定しているわけではない。事実、そういったエピソードが残っているのだから。

 ただ、僕の考え方がひねくれているだけ。


 しかし。


「これじゃあ、溜息も吐けないよね」


 そう葵が言ったことで、僕の考えもただの独り言ではなくなった。

 まさか、同じ考え方をしていようとは思いもよらなかった。


「短いし狭いし、とっても寂しい」


「…かもしれないね」


 と言いながら、二人顔を見合わせて溜息。

 浅く弱く、呼吸を整えるように。


「次は――ここからだとリアルトかな?」


「他、どこ行ったっけ?」


「レストラン、リルと出会ったフォルモーザ教会にサン・ジョルジョ――あっ」


 言いかけて、思い出した。

 あそこに行ったのは、僕と桐島さんの二人だけだ。


 不自然に途中で切った僕に、葵が「怪しい」と詰め寄って来る。

 隠すつもりはないけれど、そうまで顔を近付けられると話しにくい。


「葵がリルと会ってた時に、ちょっと訳あって行ったんだ」


「どこ?」


「遠くはないけど……まぁ戻れるか。行ってみる?」


 葵は無言で頷いた。


 再びサン・マルコ広場を抜けて反対側へ向かい、フェリー乗り場へと辿りつく。

 一度見知った船員に会釈をして、何とかサン・ジョルジョ・マッジョーレへ。


 こちらも、随分と違う雰囲気でもって僕らを出迎えた。


「これも、おっきいね」


 葵はてっぺんに視線をやって、それでも覗けなくて背伸びをしていた。

 僅か数センチの足掻きがやけに可愛く見えてしまう。


「すぐ脇に川、その堂々としながらも静かに佇む様から、”水辺の貴婦人”なんて呼ばれる教会だ。中には”最後の晩餐”とかっていった有名な絵画が飾ってある」


「へぇ…」


 短く返しながら、じっと建物に目を奪われている。

 僕も、ゆっくりと眺めている分に暇は感じなかった――が、しかし、葵は僕の手を取って中へと足を踏み入れていった。


 床のタイル、窓から差し込む光、空気の冷たさ。

 どれをとっても、やはりここも昼間とは大きく異なる。

 光に照らされた中で天井を見上げる葵の姿は、風景に溶けてしまいそうに淡い。

 儚く、弱く見えて、僕はふと、握られた手に力を込めていた。


 一瞬、驚いたように指先がピクリと動いたけれど、少し遅れて葵も握り返してきてくれた。

 傍から見れば――


「って、何を考えてるんだか」


「何の話?」


「独り言。それより、ここにも鐘楼があるんだけど、どう?」


「乗る」


 葵はノータイムで返事。

 心なしか、瞳は楽しそうに輝いて見えた。


 自然な流れで、どちらともなく繋いでいた手を離して歩き始める。

 そしてエレベータに乗り、上へ、上へ。


「向こうもいいけど、こっちも綺麗だね」


「うん。手前に大きな川を捉えてるからね。豪華さで言えば向こうが勝ってるけど、綺麗さならこっちの方が上だ」


「綺麗……」


 葵は頬杖をついて景色に目をやる。

 僕も僕とて、ただ正面に広がる風景を楽しむだけだ。


 そういえば、ここで桐島さんの涙を見たんだったかな。葵が心配だ、葵の力になってやりたいと、感情を露わにした桐島さんの。

 色々とあり過ぎて、つい数日だけの記憶が遠い昔に感じてしまう。

 忘れはしないだろうけど。


 結果、葵には何もなくて、別に厄介に巻き込まれているわけではなかったわけだけど。

 今、一番ほっとしているのは桐島さんだろうな。


 と遠くない昔を懐かしんではみたものの。

 ふと気になったのは、


「そういえば、あの子猫ってどうしたの?」


「子猫?」


「ほら、僕らが出会った公園でさ。何ヶ月も前の話だけど」


「あぁ、木登りの」


 新居近くの公園で初めて葵と出会って、その時に葵が目を奪われていたスコティッシュ。

 成り行きで何となく助けて、その後の会談でも連れていたみたいだけど。


「どうしようかと迷ってたんだけど、あの後、すれ違いに飼い主さんが受け取っていったよ」


「そうだったんだ。首輪はなかったよね」


「苦しそうで可哀そうだからって、着けないで懐かせてたんだって」


「へぇ。いい飼い主さんで良かった」


「うん、本当に」


 あれは四月だから、実に四ヶ月が経過している。

 懐かしいけれど、つい最近のことのようだ。


 近いものが遠くて、遠いものが近くて――といった感覚は、たまにある。


「足に乗っけたあの子猫、幸せそうに寝てたね。それなのに、葵ってば怖がってなかなか触らなくて」


「そ、それは、びっくりさせちゃった手前、すぐに手を出しにくくて…!」


 振り返り、激しい身振り手振りで猛抗議。

 分かっている。

 触ろうとしたら逃げられて、降りられなくなった――と言っていたことは、はっきりと覚えている。


「まぁ、そんな縁があったから、今こうして遠い地に来てるわけだけれど」


 時間潰しにと公園に立ち寄らなければ、葵と出会うことはなかった。

 後に記憶堂にこそ来たけれど、子猫のことがなければ、きっとこうはなっていなかっただろう。

 そうして遥さんと出会って、岸家と出会って、奇妙な繋がりに感動して、一緒に遥々熊本まで行って、祖父との大切な記憶に触れて。

 途中には告白もされて、涙も見て。


 色んなことがあったな、あの一件では。

 僕がまさか、知り合ったばかりの女の子に、あそこまで躍起になるとは思わなかった。

 今も、どうしてこの小さい背中の隣を離れられないでいる。


「どうしたの?」


 ふと、葵が覗き込むように僕の目を見て言った。


「いや、本当に色んなことがあったなって。通潤橋への長旅、凄く良い思い出だよ」


「良い……本当に…!?」


 と、珍しくも強い声音で葵が言う。

 そういえば、私情に付き合わせてとか、着いて来てくれて感謝してるとか言ってたっけな。


「本当も本当だよ、嘘は言わない。自分のことに着き合わせてって言ってたけど、僕は僕で、ただ頼まれたから着いて行ったわけでもないさ。元より、面倒だったり行きたくなかったら、遠慮なく断ってた」


「……かな? まこと、良い人だから」


「その評価も、嬉しいけど買い被りだ。僕も割と、自分の興味にしか走らない人だし――って言い方はあれだけど、本当に楽しい旅だったよ。葵の幸せそうな顔も見れて、着いて行った甲斐は十二分にあった」


「まこと…」


 人の思い出に触れるということに、あまり良い印象はなかった。

 下手に深入りすれば傷つけ、傷つけられ、ともすれば双方が嫌な思いをすることだってある。なまじ表面だけを知って、知った気になって、ズカズカと踏み込んで荒らすことはない。

 それならいっそ、少しも触れずに、波風を立てないようにしていればいいと。


 しかし、岸家、桐島さん、そして葵とのあの旅は、僕に別の見方をさせてくれた。

 人の思い出に、心に触れることが、あんなにも温かくて、寂しくて、優しいものだとは知らなかった。

 それを少しでも知られたことは、僕にとって大きなものだった。


「今も、葵と旅が出来て楽しい」


「……私も、楽しい。景色綺麗だし、料理は美味しいし、ジェラートは甘いし」


「ははは、まぁそうだね」


 楽しいことばかりだ。

 しかし、だからこそ、現実にも目をやらなきゃいけない。


 僕は十九で大学一年、葵は十八で――高校三年だ。


「相当な無理を言って、許可してもらったって遥さんから聞いたよ」


「……うん」


「受験、僕とお兄さんと同じあの大学を受けるってことも」


「うん」


「僕よりも随分と頭のいい葵のことだから合格できるとは思う。でも、それで僕が連れまわして下がっていったら悪い」


「そんなことは…!」


 強い口調ながらも、ない、と言い切れない葵は、ちゃんと現実を見ていた。

 リルの一件を片付けたらという話だったけれど、そのタイミングでノーなら構わないけれど、イエスを貰おうものなら、まず間違いなく僕は葵を甘やかす。浮かれて、連れまわして、葵の本分を侵してしまう。


 ちょっと待ってくれと言ってくれたのは嬉しいけれど、それは先延ばしにするべきだ。


「僕が言うのもおかしな話だけど、やっぱり返事は、晴れて受験に合格してから欲しいな」


「……それは……うん、分かってる。それが正しい」


「ごめんね、急かしたりわがまま言ったり」


「ううん、全然。今までは私が我儘言ってた方だし」


「ありがとう」


 短く礼と謝罪を繰り返すと、葵は「それに」と置いて、


「受かって、一緒の大学に行けた方がいいもんね」


 と。

 これは天然なのか狙ってなのか――いや、この自然な表情、屈託のない笑み、狙っていないことは確かだ。

 恐ろしいな。

 心臓、壊れるかと思った。

 それはもう、答えを出してるのと同じことなのでは。


「そ、そういうことだから。ごめん、ありがとう」


「二つを一緒に置かれるのはあんまり好きじゃない」


「じゃあどっちにしよう」


「後者だけでいい」


「そ、っか。じゃあ、ありがとう」


「うん」


 葵は優しく微笑んだ。


 さて、これで一つのケジメは着けた。

 残るはあと一つだ。


「最後の我儘。これ、見て」


 スマホを操作して、とある画面を開いて見せた。


 つい先日、母から送られてきたメッセージに添付されていた画像で、地元鳥取県は鳥取市で毎年開催されている、しゃんしゃん祭開催についてのチラシだった。

 子どもの頃から好きだったでしょ、との母からのメッセージではあったが、戻るつもりはなかったのだけれど。


「僕の地元、鳥取県でやってるお祭り。この旅行が終わって直ぐなんだけど、どうかな? 遥さんやご両親は、僕が責任をもって説得するから」


「……………………」


 葵は言葉を詰まらせた。

 何を思っているのかは分からないけれど――と、急に首を横に振った。


 ダメ、だったか。


 そう思ったのも束の間。


「楽しそう、行きたい」


「え…? あ、よ、よかった――でも、親御さんは?」


「八月後半は夏期講習の予定。でも、その前まで、羽目を外し過ぎないならって許してもらってるから」


「それじゃあ…!」


「うん。鳥取、行ってみたい。それに――」


 と続けた葵に首を傾げると、上品に口元を隠すようにして、


「ゆ、浴衣…自慢したいし」


 控えめにそう言った。

 普段は、今も例外ではなくボーイッシュな格好をしている葵からは、想像も出来ない――けれど、髪色も黒で凹凸もあって、きっと似合いはするのだろう。

 クールで大人しい雰囲気にもピッタリだ。


「夏祭りなんかとは違って、屋台数は少ないけどね。でも、実家地区の人たちは皆、浴衣を着こんではしゃいでたな」


「じゃあ、着ていくね」


「うん、楽しみにしてる」


 開催は八月十三日から十五日。

 そのどこかで、日帰り旅行をしようと決定。


 まさか、来てくれるとは。

 ありがたいし、期待に胸も膨らむ。


 そんな浮かれ気分で踵を返し、鐘楼を降りようとエレベータの方へと向き直った時。


「やれば出来るものですね。とっても素敵な殿方です」


 そこには、僕に見せた天使姿ではなくいつも通りの格好をして、片手で口元を押さえ、くすりと笑うリルの姿があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます