第25話 春と空

「……ただいまぁ」


 重く感じるドアを開けて中へと入る。酷使した喉から掠れるような声を絞り出しながら。


「おかえり~、お疲れ様」


「んん…」


「はい。ご飯用意してあるわよ」


「サンキュー」


 洗面所で手と顔を洗うとリビングの椅子に着席。母親が用意してくれた晩御飯に箸を付けた。


「バイトどう? 忙しい?」


「まぁ。でも平日だからそこまででもないよ」


「しっかしまさかアンタがここまで続けられるとはねぇ。始めて何ヶ月目だっけ?」


「え~と、4ヶ月……かな」


 部屋に戻って着替えるのが億劫なので制服姿のままで食べる事に。自分以外の3人は既に済ませていたので1人きりの食事。茶碗を空にすると階段を上がって二階に移動した。


「……疲れたぁ」


 制服をハンガーにかけてベッドに横になる。湿った靴下を脱いだ事によって快楽ともいえる解放感に満たされた。


「はぁ…」


 華恋がいなくなってから数日後、アルバイトという物に応募してみた。海城高校の近くにある個人経営の小さな喫茶店に。力仕事が少なそうだからという理由でのチャレンジだった。


 しかしいざ働き始めてみると大変で神経をすり減らされる毎日。無口なおじさんや騒がしいおばちゃん集団相手に愛想笑いを振りまいていた。


 結果、労働に対する認識の甘さを痛快。おかげでバイトのある日はクタクタになりながら帰宅していた。


「へへへ…」


 だが辛い反面、楽しみもある。オーナーは怒ると怖いが基本的には優しくて希望を出せば土日祝日でも休みを提供。


 学生という事もあり他のパートの人達よりも労働時間は少ない。一緒に働いている人達も親切で数少ない男性として可愛がられたり。


 従業員はほぼパートの女性で学生は自分を含めて3人だけ。大学生の女性が1人、高校生の女の子が1人。


 大学生の人とはたまにしかシフトが被らなかったが高校生の子とはバイトの度に対面。今ではタメ口で話しかけるぐらいに親しかった。


「眠…」


 その時の流れは自信と共に心に大きな変化を与える事に。あれだけ寂しいと感じていた気持ちがいつの間に消え去っていた。


 双子の妹と別れてから冬を迎え、年を越して。そして高校生最後となる春を迎えていた。



「……ふぁ~あ」


 翌日、いつもより遅めの時間に起床する。大きな欠伸を放出しながら。


「んっ、んん…」


 ベッドから起き上がるとカレンダーを確認。早起きしなくても良い実感を噛み締めた。


「春休みかぁ…」


 三学期は昨日で終わり。今日から長期連休に突入する。受験勉強に追われなくていい最後の猶予だった。


「……っと、こんな事してる場合じゃない」


 今日はバイトが休みだが別の予定がある。駅前で人と待ち合わせしている約束が。


「う、うわあぁあぁぁ!?」


 着替えた後は寝癖を整えて廊下へと移動。そのまま階段までやって来た所で足を滑らせて転落してしまった。


「いちちち…」


 強打した腰を押さえながらリビングへとやって来る。誰もいないキッチンでメロンパンを発見。冷蔵庫からコーヒー牛乳のパックを取り出すと軽めの朝食をとった。


「んむんむ…」


 静まり返った辺りを見回す。テレビもついていない無音に近い空間を。


 普段はあまり意識しないがそこら中に物が散乱。家族全員が掃除をサボっていた為に散らかりまくっていた。


「……ま、いっか」


 待ち合わせ相手は親しい人物だし今さら部屋の汚れを気にしなくてはならないような間柄じゃない。そう心の中で言い訳して片付けする事を早々に断念する。


「ほっ、ほっ」


 食べ終えた後は二階の妹の部屋を訪問。ドアをノックして中へと入った。


「起きてる?」


「ぐぉおぉおぉぉっ!!」


「怪獣か…」


 様子を窺うとイビキをかいている人物を発見。シャチホコのような体勢で寝ている部屋主を。


「起きて起きて」


「んんっ……なぁに?」


「今からちょっと出掛けて来るから。留守番よろしく」


「……あ」


「ん?」


 用件を告げて部屋を引き返す。そのまま廊下に出たら途中で呼び止められた。


「今、何時?」


「11時過ぎ? 何かあるの?」


「しまった! リエちゃん達と遊びに行く約束してたんだ。寝てる場合じゃない!」


 唐突な叫び声が反響する。焦りを表した台詞が。


「もしかして香織も出掛けるの?」


「そうだよ。着替えるから出てって」


「なら先に出るから戸締まりよろしく」


「えぇ……私が出ていくまで待っててくれない?」


「そっちの準備が終わるの待ってたらこっちが遅刻する。じゃあね」


 要求を出されたが華麗にスルー。せせら笑いを浮かべてドアを閉めた。中から聞こえてくるバカバカと連呼する声を耳に入れながら。


「行ってきま~す」


 貴重品の有無を確認すると玄関に向かう。買い替えたばかりのスニーカーを履いて家を出発した。


「暖かいなぁ…」


 春の穏やかな空気に包まれた街中を進む。のんびりペースで。


 吹く風が心地良い。暑くもなく寒くもない絶妙な気温と天候だった。


「やっぱり来てない…」


 そして15分ほど歩いて待ち合わせ場所である駅のロータリーへと到着する。しかし待ち合わせ相手が不在と判明。


 予想通りなので落胆はしない。時刻はまだ予定時間の5分前だった。


「よっと」


 近くにあった壁にもたれかかる。自販機で飲み物を購入して。


「お待たせ」


「え? 君、誰?」


「ふざけんなっ! 俺だよ、俺!」


「今日は20分遅刻だよ。また寝坊?」


「いや、電車の中で可愛い女の子を観察してたらうっかり乗り過ごしちゃってさ。ハハハ」


「……そのうち本当に捕まっても知らないからね」


 アプリで時間を潰していると待ち合わせ相手が到着。口からヨダレを垂らした颯太が姿を現した。


「今日はバイトないの?」


「ないよ。だから1日中ヒマかな」


「そっか。俺は夕方に用事あるから早めに帰るわ」


「ん、了解」


 そのまま2人で駅から移動。歩いてきた自宅への道を引き返した。


「ふぅ…」


 春休み中はバイトのシフトをたくさん入れている。普段は学業を優先して他の従業員に迷惑をかけてしまっているので償いとして。


 別に嫌々働いている訳ではない。お小遣いだって増やせるから。


 それでも働くという行為が大変な事に変わりはなかった。だから今日みたいな休日は貴重。


 休み初日は颯太と遊ぶ事に。春休み中の予定は彼と遊ぶ約束とバイト以外スカスカだった。


「ただいまぁ」


 施錠を解除して玄関の扉を開ける。どうやら妹は既に出掛けてしまったらしく不在。自分以外の住人がいないのでリビングでゲームをやる事にした。


「なぁ、雅人。春休み中にどっか行きたくない?」


「例えば?」


「遊園地とか動物園とか」


「男2人で?」


「なんか嫌だな…」


 最近、彼と会話する時はこんな話題ばかり。高校に入学してまともな青春を謳歌しないまま2年という月日が流れてしまっていた。


 せめて何かしらの部活にでも参加していれば良かったのかもしれない。クラス以外での女の子との接点を作れるし。そうすれば隣にいる友人もここまで女子成分に飢える事は無かった。


「そういえば華恋さんはどうしてるかな」


「……ん~、元気にしてるんじゃない」


 ふと彼の口から出てきた名前にドキリとさせられる。同じ人物の顔を思い浮かべていたので。


「はぁ…」


 あの日から彼女とは一度も連絡を取り合っていない。メールも電話もしていないし手紙だって書いちゃいない。


 最初は電話の一本でもかけようかと考えていた。だがそうする事によって彼女の決意を鈍らせてしまうのではないか。そう思いずっと我慢していた。


「何やる?」


「僕はどれでも良いよ」


「なら脱衣マージャンやろうぜ!」


「うちには無いってば…」


「ガッデム!」


 向こうからメールでも送られてきたら返してあげよう。そう覚悟していたが期待していた展開にはならず。結局、お互いにコンタクトを取らないまま数ヶ月という時間が流れていた。


 今はもうこちらから連絡を取ろうと思う事はない。電話をかけても出てくれないかもしれないし、手紙を出しても無視されるかもしれないから。


 以前に華恋本人が言っていた。転校する前の友人にメールを送ったがスルーされてしまったと。


 もしかしたら彼女自身がそういう事をしなくてはならない環境で過ごしているのかもしれない。ここでの生活がただの思い出となってしまうぐらいに楽しい毎日を送っているとか。


 それは有り得ない事では無かった。人間は心変わりしてしまう生き物だから。


「……と」


「む…」


「雅人!」


「え?」


 名前を呼ばれハッとする。視界に飛び込んできたのはレーシングゲームの映像だった。


「どうしたんだよ。俺、もうゴールしちゃったぞ」


「あ……ゴメン」


 どうやら集中力を欠いていたらしい。自分の走らせていた車が壁に何度も激突。右と左、どちらに進むのが正しいコースなのか分からなくなっていた。


「なんかの裏ワザ?」


「ち、違う違う。ただ考え事してただけだから」


「リセットする? お前、あと2周しないといけないぜ」


「そうだね。やり直そうか」


「あ~あ、このボタン押したら人生もリセット出来たらいいのに」


「……縁起でもないこと言わないでくれ」


 コントローラーを操作してコンテニューを選ぶ。マシンを再設定して走行スタート。


「ん…」


 先程まで高かったテンションが急降下していた。指だけは動かしていたが意識は散漫状態。


 心境は変化しても記憶だけは塗り替えられない。いつまでも後悔を引きずっていた。


「じゃあ、そろそろ帰るわ」


「あ、もうそんな時間なんだ」


「今日は母ちゃん達と飯食いに行くんだよ。だから早めに行かないと」


 数時間が経過した頃、コントローラーを床に置いた颯太が徐に立ち上がる。彼の言葉でゲームを中断する事に。


「途中まで送っていくよ」


「いや、良いって。1人で歩いて帰るし」


「けど残っててもやる事ないからさ」


「悪いな。なら階段の所にいた女の人にだけ挨拶していくわ」


「え? 今、家には僕しかいないけど」


 ゲームとテレビの電源をオフにして自宅を出発。久しぶりに友人宅までの道のりを歩いた。


「ここって前は何があったっけ?」


「さぁ……思い出せないや」


 途中、見慣れないコンビニを発見。気付かないうちに新しく建てられたらしい。2人して以前の情報を絞り出したが出てこなかった。


「この辺りで良いや。んじゃあな」


「うん。また遊ぼうね」


「おう。雅人もメイド喫茶のバイト頑張れよ」


「違うって…」


 友人が元気良く挨拶して立ち去る。その背中を小さく手を振りながら見送った。


「……行っちゃった」


 しばらくその場で立ち尽くす。閑散とした住宅街で。


 外には出てきたがする事がない。この辺りには遊び場もないし、かつての友人達とはほとんど連絡を取り合っていないから。


 休みというのは自由で退屈だ。最近、そう感じる機会が増えていた。


「はぁ…」


 足の向きを変えて歩き始める。来た道とは違うルートを。


 春休みなので人が多い。自動車の交通量も普段より増えている気がした。


「……楽しそうだなぁ」


 途中、住宅街で小さな公園を発見する。小学生が数人で遊びまわっている姿を。その光景を昔の自分と重ねながら観察した。


「ん…」


 もう二度とあの時代に戻る事は出来ない。再現する事もやり直す事も。そう考えるとまるでこの世界に1人だけで取り残されたような錯覚に襲われた。


「はぁ~あ…」


 しばらく見ない間に街の様子は変わっていく。住んでいる人も風景も。


 それは当たり前の現象なのに素直に受け入れる事が出来ない。典型的なピーターパン症候群だった。


「あれ?」


 気分転換の散歩を終わらせて帰宅する。そしてポケットから鍵を取り出そうとしたタイミングで異変を察知。


「誰だろう…」


 ケータイが震えていた。もしかしたら遊びの誘いでも届いたのかもしれない。様々な展開を期待して画面を開いたが、そこに書かれていたのは意味不明なメッセージだった。


「……なんじゃこりゃ」


 一言『金が無い』とだけ記された文章。その発信者は男勝りな女友達だった。


「ん~」


 レジで会計を済ませようとしたらお金が足りなかったのだろうか。でもそんな状況でわざわざメッセージを送ってくるとは思えない。本当にピンチなら悠長な事をしてないで家族に電話するハズだから。


「ほっ」


 ただの暇潰しと予測。一言だけ『無駄遣い注意』と入力して送り返した。


「智沙もやる事ないのかな…」


 春休み初日から金不足とか無計画すぎる。まだ休みは2週間もあるというのに。


「……綺麗だなぁ」


 飛行機の音に誘われて頭上を見上げてみた。視界いっぱいに広がる大きな青空を。そこには大小がまばらな雲が多数存在。手を伸ばせば掴めそうな気配さえしていた。


「ん…」


 彼女もこの景色を見ているのだろうか。自分の知らない遠い遠いどこかの街で。


「出てくれるかな…」


 画面の暗くなっていた端末を見つめる。久しぶりに連絡してみようかと思い立ち。


「……いやいや」


 けど忙しくて出れないかもしれない。出てくれないかもしれない。


 最悪、着拒されてる可能性だってあった。別れ際に突き放すような真似をしてしまったから。


 仮に繋がらなくても電話をかけた事が向こうの履歴に残ったらマズい。恥を上塗りするのは勘弁だった。


「あ~あ…」


 勝手に想定した状況と一方的に葛藤する。女々しい性格は未だに健在。


 バイトを始めた事により自信がついたと思っていた。だが彼女の事を考えると途端に以前のへたれな性格に逆戻り。


 理想と現実は大違い。世の中は上手くいかない事だらけだった。


「うぉっ!?」


 自問自答を繰り返していると突然ケータイが震える。強制的に切り替わった画面には呼び出した連絡先と同じ人物の名前が書かれていた。


「……華恋」


 まさか向こうからかかってくるなんて。しかもタイミングを見計らったかのように。


「あっ!」


 すぐに受信しようと指を動かす。しかし操作ミスでうっかり切ってしまった。


「やっちまった…」


 画面が待ち受けに切り替わる。バイブやメロディーも停止。


「……どうしよう」


 こちらからかけ直した方がいいのだろうか。ただ入れ違いの可能性を考えて数秒間だけ待機。画面を凝視していたが再着信は行われなかった。


「なんだったんだろう…」


 もしかして大切な用事でもあったのかもしれない。忘れ物をしていたとか。それは充分に有り得る話。だとしたなら間違いとはいえ切ってしまったのはマズかった。


「ん…」


 慌てて端末を操作。通話機能を使って連絡をとった。


「……あっ、もしもし」


『ん…』


「華恋?」


『……久しぶり』


「う、うん」


 しばらくするとコール音が鳴り止む。懐かしい声と入れ違いに。


『ごめん。いきなり電話しちゃって』


「いや、こっちこそごめん。間違えて切っちゃった」


『あぁ、やっぱり。突然切られたからビックリしちゃった』


「悪い。パニックになってうっかり」


 どうやら怒ってはいないらしい。穏やかな様子に安堵した。


『……元気だった?』


「まぁ。そっちは?」


『元気……っちゃ元気かな、多分』


「そ、そっか」


 久しぶりのやり取りだからか上手く会話が出来ない。ぎこちなさがヒシヒシと伝わってくる。


『何してたの?』


「え~と、出掛けてて帰って来たとこ」


『ふ~ん…』


 時間が経つにつれ緊張感が増幅。親しい人物のハズなのに人見知りが発動していた。


『どこに出掛けてたの?』


「特に目的もなくブラブラと街を徘徊」


『怪しい奴…』


「自分でもそう思った。怪しいよね」


 電話越しにクスクスと声を出して笑い合う。姿は見えないが頬を緩ませている彼女の姿がイメージ出来た。


『で、本当はどこに行ってたの?』


「え?」


 リラックスしていると答えたハズの質問を再び投げかけられる。真面目さと明るさを混在させたトーンで。


「いや、だから街を徘徊してたんだってば」


『いくら私でもそんな嘘には騙されない』


「本当なんだってば。信じてくれよ」


『……そんなに言いたくないんだ』


「えぇ…」


 何故ここまで疑うのか。確かに用もなく街中を歩き回る人なんて滅多にいない。けど嘘偽りない事実だった。


「……華恋は何してたの?」


『え? 私?』


 軽く尋問みたいで気まずかったので話題を転換する。今度はこちらから同じ疑問を尋ねてみた。


『何してると思う?』


「わからない」


『諦めるの早すぎ。ちょっとは考えなさいよ』


「ん~、そんな事言われても…」


 的中率の低い無理難題なクイズを出される。しかもノーヒントで。


「住宅街を徘徊」


『まぁ正解。そんなとこかしら』


「え?」


 適当に言ったら見事ゴールに到達。ふざけて答えただけに彼女の反応に驚いてしまった。


「ほ、本当に正解なの? からかってるんでしょ」


『からかってないわよ。事実だもん』


「嘘くさ…」


 その言葉を鵜呑みに出来る訳が無い。数秒前にこちらが同じ事を言った時は信じなかったから余計に。


『じゃあ、どうしてたと思うのよ』


「バイト?」


『仕事中に電話かけちゃマズいでしょうが。残念、ハズレ』


「なら……親戚の家?」


『ハズレ~。ヒントは外』


「……外」


 もしかして本当に街を散歩していたというのだろうか。だとしたら兄妹揃って同じ行動をとっていた事になる。


 そもそもこうして久しぶりに連絡を取ろうとしてきた目的が不明。ひょっとして電話かけようとしていた事まで偶然だというのか。


『分かった?』


「分からない」


『ギブアップ?』


「ギブアップ」


 電話越しに聞こえてくるのは楽しそうにハシャぐ声。それはまるでプレゼントを買い与えられた子供のようなテンションだった。


「正解は?」


『ふっふ~ん、正解はねぇ……アンタの後ろ』


「え?」


 耳に入ってきた言葉に反応して体を回転させる。振り返った道路の先には1人の人物が立っていた。


『久しぶり…』


 風になびく綺麗な髪。見慣れてしまった端正な顔。首からかけられたハート型のペンダント。すぐそこに立っている人物は、今ここにいるハズのない女の子だった。


「ちょっ…」


 彼女がケータイを持つ手を下ろす。もう片方の手を使って接続を切りながら。


「なん……で」


 そんなハズはない。何ヵ月も前に旅立ってしまったのだから。ずっとずっと遠くに。


 それでもその人はすぐそこに立っていた。自分の視界の先に。やがて彼女は息のかかる距離まで近付いてきた。


「……帰って来ちゃった」


「え?」


 目の前でイタズラっぽい笑みを浮かべる。甲高い声と共に。


 それは間違いなく自分の知っている女の子。偽物でも幻でもないずっと会いたいと思っていた人物だった。


「んっ…」


 なんて言えば良いのだろう。どんな言葉で今の心境を表せば良いのかが分からない。


 ただ胸の中に熱い何かが込み上げてくるのが分かる。嬉しさを飛び越えた感情が。


 まるで夢を見ている気分だった。同時に願い続けてきた夢が叶った瞬間でもあった。


 恋しかった人がすぐそこにいる。優しくて憎たらしい笑顔を浮かべた妹が。戸惑っていると彼女が大きく口を開いた。


「ただいまっ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

裏腹少女 トランクス @torankusu1st

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ