第八章「血の味は己の源」

そう図星。





期待しているのに、最後の最後まで頑なに肯定をしようとしない。



俺の悪い癖だ。



その姿は幼い子供のように見えて仕方がない。


そのため、実際に高校生がやるとなると酷く痛々しい姿になる。





そんな姿、この鬼には見せたくなかった。




だから泣く泣く雪鬼が吸血鬼だということを肯定した。




「お前が吸血鬼だって言う事は認めてやる。 俺たちに用があるんだろ、さっさと言え」




少し乱暴な聞き方になってしまったが、俺にとっては全力を尽くした。




これほど緊張したのは初めてかもしれない。


妹も感じていると思う。




妹と触れている手に限らずだが、汗を尋常なくらい流れていく。



単に夏の暑さでこうなったと片付ければいいのだが、それが出来ないので苦労する。



雪鬼と話すとき、何故か#途轍__とてつ__#なく感情が左右される。







それも冷たい感情の他に、温かいなにかすらも感じさせられる。





心臓の鼓動が速くなっていくのが分かる。







どくん。







どくん。





どくん。



どくん。



どくん。


どくん。

#どくん__・__#。





あぁ、もう。




うるさいなぁ、ちょっとだけ静かにしてくれない?




………



だがその音が収まる気配はしない。



いっそ心臓を潰したいくらいだ。





その音もまた、妹に届いているはず。




そんな恥態をこれ以上さらすわけにはいかない。





だがその音が収まる気配はしない。






どうしたら止まるだろうか。



雪鬼に視線を外せば止むだろうか。




その秀麗な美貌をこれ以上目にしなければ止むだろうか。






だがその音が収まる気配はしない。







どうしたら、止むだろうか。





どうしたら、こんな感情を表現できるのだろうか。






何もかもが初めてすぎて、取り乱れてしまう。







顔が歪んでいく感覚が強くなる。




それを抑えようと、唇を噛み締めた。




強く噛んだせいか、唇から紅い血が流れる。






慣れ親しんだモノだったからか、冷静さが戻ってくる。



傷口を己の舌で舐める。





それで口に鉄の味が熱く、だけど冷たく広がる。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます