悪魔のキスは復讐の味

作者 奏 舞音

171

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

即位後わずか4日。
女王クリスティアンは義姉シュリーロッドによって斬首される。

罪名は前国王暗殺と敵国の密通。
だが、それは義姉による陰謀。

クリスティアンは胸に復讐の炎を宿らせ、この世を去る。
その彼女に手をさしのべたのは、ルディという悪魔。

「俺が力になってやる。その代わり、お前の魂を俺にささげろ」
クリスティアンはルディと契約し、転生をしてまた国に舞い戻る。
すべては義姉シュリーロッドに復讐するため。

……いやもうね。
設定もさることながら、人間関係の濃厚さ、絡み合う愛憎。張り巡らされた伏線などなど。
途中から読む手が止まらなくなりますよ。

また興味深いのが、こちら、『第一回ビーズログ小説大賞』ファンタジー部門優秀賞作品だということ。

『恋を呼ぶときめきレーベル』ビーズログですよ。
こちらの受賞作品ですからね。
さぞかし甘くて、とろけるようなファンタジーな恋愛なのだろうと思ったら……。

初っぱなから度肝を抜かれましたよ。

これは、「……少女小説なぁ。あれでしょ? イケメンいっぱいで、逆ハーレム的な……」と思っておられる方にもお勧めです!

★★★ Excellent!!!

即位後間もない16歳の女王、クリスティアンは死んだ。
新女王となる異母姉の艶然たる笑顔の前で。凛として。
復讐に燃えるクリスティアンの魂は余りに美しかった。
気まぐれで残忍な悪魔、ルディを魅了してしまう程に。

死んで公爵令嬢に転生し、人生をやり直し始めて16年。
イケメン悪魔を侍従に、今日はついに社交界デビュー!

……などと書くと「よくあるやつ」みたいだけれども。
全然「よくあるやつ」なんかじゃなくて凄まじかった。
少女小説って、もっとこう、ふわふわあまあまだと……
勝手なイメージを華やかに裏切る鮮烈な復讐譚だった。

転生したクリスティアンであるティアレシアの生き方、
クリスティアンを想う人々、ティアレシアを巡る人々。
各々の軌跡が交わるにつれ、16年前の真相が暴かれる。
その政争と愛憎の謎解きと駆引きは見事で残酷で華麗。

断頭台のマリー・アントワネット、エカチェリーナ2世、
「血の伯爵夫人」エリザベート・バートリ、則天武后、
このあたりの名前にピンと反応する人にお勧めしたい。
凄絶で尚且つ可憐なティアレシアに夢中になるがよい。

第1回ビーズログ小説大賞で優秀賞を受賞されたとの事。
おめでとうございます!!