輝夜月のわかるコーナー

作者 Lunatic

2

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

中学二年生くらいのころ、
「クラスのあの子とこんなことをしたら?」
「アイドルとこんな状況になったら?」
こういう妄想は、男ならば誰しもしたことがあると思う。
我々は、ライトノベルや、アニメ、漫画を読んで、欲求を解消したり、
あるいは、友達とバカ話のなかで解消したり、
その妄想の行き所を狭い所に押し込めてしまう。
あるいは、オリジナルキャラクターを作ってなにか小説を書くといった行為もしていたかもしれない。
昨今のネット小説人気によって、その小説を公開しているかもしれない。
それでも、我々が最初に妄想したあの子、あのアイドルへの妄想を何かのベールで隠している。

しかし、本作は恥も外聞もなく、そのまま「あの子」との妄想を描き、あまつさえ、カクヨムで公開しているのである!!
我々は、もっと自分に正直になった方がいいのかもしれない!
あっぱれ! あっぱれ妄想! あっぱれ中二病!!