せっかくだから

作者 躯螺都幽冥牢彦(くらつ・ゆめろうひこ)

38

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

せっかくだからと言いながらチョイスされる話題や内容が個人的にツボであったり、好奇心を擽ります。
しかし、こういうエッセイ集を読んでいると小説だろうが誌だろうが物書きは自由で無限大なのだと改めて実感させられます。これを読んだ人の中からも、『私もせっかくだから〇〇を書いてみたい!』と思う人が出て来るかもしれませんねw
自由気ままなエッセイ集。けれども、中々に中毒性があって嵌まり易い! その手の話題が好きな人は是非一度お読みくださいませ!

★★★ Excellent!!!

列挙されるタイトル通り、作者が「せっかくだから……」というスタンスで様々なことを綴るエッセイ。
内容は多岐に渡っており、「今回はこんな切り口で来るのか」と純粋に感心したり、「これは前の話と対になってるな」と一人納得してみたり、読んでいて飽きない。
まずサブタイトルで惹かれたものを開いてみるのも、このエッセイの楽しみ方かもしれない。