第百九十七話 劣勢を強いられても

 朧達は、夜深と死闘を繰り広げている頃、柚月も、静居と死闘を繰り広げていた。

 柚月は、静居に、斬りかかる。

 だが、静居は、柚月の草薙の剣をはじき返し、柚月は、体勢を崩してしまう。 

 その隙に、静居は、斬撃を柚月に向けて放った。

 技の名は、深淵・絶縁しんえん・ぜつえん

 斬撃が、柚月に迫るが、柚月は、八咫鏡で、防ごうとする。

 八尺瓊勾玉も力も発動して、吸収しようとするが、吸収しきれず、柚月は、追い詰められそうになっていた。


「っ!!」


「させるかよ!!」


 九十九が、九尾の炎を発動し、深淵・絶縁を相殺させる。

 九十九の助けがなければ、柚月は、深淵・絶縁に直撃していただろう。

 柚月は、後退し、九十九も、柚月の元へと駆け付けた。


「すまない。九十九」


「気にすんな。けど、やっぱ、つえぇな」


「ああ」


 柚月と九十九は、構える。

 静居の強さを感じ取ったのだろう。

 もし、静居が、神懸かりを発動してしまったら、ひとたまりもないかもしれない。

 その前に、決着をつけたいところではあるが、そうもいかないであろう。

 今は、聖印を封じられているが、それも、時間が立てば、解除される。

 柚月達は、それまで、静居と夜深の猛攻に耐えるしかなかった。


「まだだ。一瞬で終わらせる」


「あいつ、何をするつもりだ?」


「わからない。だが、気をつけろ」


 静居は、左手を上にあげる。

 何か、術を発動するつもりなのだろうか。

 柚月と九十九は、警戒し、静居に向かって、斬りかかるが、静居は、結界を張っており、吹き飛ばされてしまった。


「夜深、あれをやるぞ!!」


『……そうね』


『まさか、あいつらは!!』


 静居は、夜深と視線を合わせる。

 追い詰められていた夜深は、うなずき、左手を上にあげた。

 二人の様子を目にした光黎は、察したようだ。

 静居と夜深が、何をしようとしているのか。


『逃げろ!!』


 光黎は、柚月達に逃げるように告げる。

 だが、時すでに遅し。

 柚月達は、反応する前に、檻に閉じ込められ、何度も、衝撃波を受けてしまった。

 静居が放った技は、深淵・終焉しんえん・しゅうえん

 相手を閉じ込めて攻撃する技だ。

 そして、夜深が、発動した技は、無間地獄むげんじごく

 虚無の地獄に閉じ込め、攻撃する技であった。

 檻から解放され、静居と夜深の技を受けた柚月達は、傷だらけになり、前のめりになって倒れた。


「ぐっ、ううっ……」


 柚月達は、うめき声を上げる。

 重傷を負ってしまったようだ。

 起き上がろうとするが、痛みで、動くことすらできなかった。


『そう、来たか。ならば……』


 光黎も、重傷を負っているが、光を発動する。

 その光に包まれた柚月達は、すぐさま、傷が癒え、起き上がることができた。

 光黎が、発動した技は、心地光明しんちこうめい

 光の力で傷をいやす技だ。

 これにより、柚月達は、立ち上がることができ、すぐさま、静居と夜深に向かっていった。


「ちっ!!夜深!!」


『ええ!!』


 またしても、光黎に邪魔された静居は、舌打ちをし、すぐさま、神懸かりを発動する。

 夜深は、静居に取り込まれ、神々しい力を纏った静居は、柚月達をにらみつけた。


「やはり、神懸かりで、殺すしかないようだな」


 静居は、もう、容赦なく、柚月達を殺す事を決意したようだ。

 本当は、痛めつけて、魂事消滅させるつもりであった。

 だからこそ、聖印能力を発動しなかったのだ。

 だが、柚月達の戦闘能力は、自分が、思っていた以上に成長しており、追い詰められてしまうと判断し、神懸かりを発動した。


「まずい展開だな」


「だが、やるしかないだろう」


「来るぞ!!」


 柚月達は、構える。

 できれば、聖印能力が発動できるまで、時間を稼ぎたかったが、その前に、静居が、神懸かりを発動してしまった。

 こうなれば、生き延びるしかない。

 聖印能力が発動できるまで。

 柚月達は、静居に迫っていくが、静居は、柚月に斬りかかった。

 柚月は、八咫鏡で、防ぎきろうとするが、静居に押され、柚月は、追い詰められそうになっていた。


「っ!!」


「神懸りしていない状態で、憑依していない状態で、私に勝てると思うな!!」


 静居は、八咫鏡をはじき、柚月は、体勢を整えながらも、静居に斬りかかろうとした。

 しかし、朧が、突きを放って、静居の心臓を狙う。

 二振りの刃が、静居を捕らえようとしたため、静居は、すぐさま、後退した。


「朧!!」


「兄さんは、俺が、守る!!」


 朧は、柚月の前に出て、構える。

 柚月を守るつもりだ。

 静居は、怒りを露わにし、すぐさま、柚月と朧に迫っていく。

 だが、その時だ。

 九十九が、九尾の炎を、千里が、闇隠しを発動したのは。


「っ!!」


 炎と闇が、静居に襲い掛かろうとしたため、静居は、強引にかき消した。

 すると、九十九、千里が、柚月達の前に出て、構えた。

 柚月と朧を守るために。


「なめんじゃねぇぞ!!」


「二人は、俺達が、守る!!」


「ならば!!」


 静居は、九十九と千里に迫り、九十九と千里は、刀を振るうが、静居が、吹き飛ばしてしまう。

 柚月と朧は、静居に向かっていくが、二人も、静居に吹き飛ばされ、倒れ込む。

 その隙に、静居は、柚月達に迫り、夜深の悲しみを発動しようとする。

 大戦時に発動した技だ。

 柚月と朧の魂を消滅させるつもりなのだろう。


「柚月!!朧!!」


 九十九と千里は、二人を助ける為に、二人の元へと向かっていく。

 柚月と朧も、起き上がろうとするが、それよりも、早く、静居が、技を発動してしまった。

 だが、その時だ。

 一筋のまばゆい光が、静居を捕らえたのは。


「っ!!」


 静居は、あまりの眩しさに、目を閉じ、技を中断させる。

 光黎が、光を発動したのだ。

 目くらましの為に。

 おかげで、柚月と朧は、救われ、立ち上がり、静居から距離をとる。

 光が、止むと、静居は、目を開け、光黎をにらみつけた。


『忘れているわけではあるまいな?私が、いる事を』


――光黎!!


 またしても、光黎に邪魔された夜深は、怒り狂う。

 何度も、何度も、邪魔された事に憤りを感じているのだろう。

 柚月達は、静居に向かっていく。

 静居は、刀を振るい、柚月達も、刀で防ぐ。 

 死闘は、続いていた。


「兄さん!!」


「ああ。もう少しだ。もう少しで聖印が!!」


 ここで、柚月と朧は、感じ取ったようだ。

 聖印を。

 つまりは、封印されていた聖印が発動できるというわけだ。

 それも、あと少しで。

 静居は、聖印を発動させないように、感情任せに、柚月達に斬りかかる。

 そのせいで、柚月達は、劣勢を強いられていた。


「これ、さすがに、きついぞ」


「柚月、朧、まだか!?」


 九十九と千里は、舌を巻く。

 これ以上、逃げ延びる事は、困難を極めているのであろう。

 自分達も、神懸かりと憑依をしなければ、一撃で、命を奪われる可能性を危惧していたのだ。


「あと、もう少し……」


 柚月と朧は、感じている。

 あともう少しで、聖印の封印が解かれるのだと。

 だが、静居は、容赦なく、柚月達に迫っていく。

 柚月達は、ここからは、防戦に入り、聖印が発動できるのを待つしかなかった。


「無駄だ!死ね!!」


 静居は、容赦なく、柚月達に斬りかかる、さらに、夜深の悲しみを発動し、柚月の魂を消滅させようとしていた。

 だが、そこへ、光黎が、強引に、柚月の前に立ち、神の光で相殺する。

 自身の体や魂は、傷つき、光黎は、苦悶の表情を浮かべたが、すぐさま、心地光明を発動し、傷を癒した。


「おのれ、光黎!!」


 静居は、光黎に対して、怒りを露わにする。

 光黎がいなければ、柚月の魂は、今頃、消滅していたはずだからだ。

 ここで、静居は、光黎に斬りかかる。

 光黎を殺さなければ、柚月達の魂を消滅させることができないと判断したからであろう。

 だが、柚月達も、守られてばかりではない。

 光黎を守るために、自ら前に出ようとする。

 もう、防戦だけでは、無理だと判断したのだ。

 だが、その時であった。


「来たぞ!!」


「うん!!」


「させるか!!」


 柚月と朧は、聖印の封印が解除されたと気付いた。

 これで、神懸かりと憑依が可能になるはずだ。

 だが、静居と夜深も、彼らに気付いたようで、再び、聖印を封じようと力を発する。

 光黎は、静居の前に立ち、柚月達を守ろうとしていた。


「行くぞ!!光黎!!」


「来い!!九十九!!千里!!」


 柚月と朧は、光黎、九十九、千里を呼び寄せる。

 光黎は柚月の中へと、九十九と千里は朧の中へと吸い込まれていった。

 封印の力は、瞬く間に、柚月達に迫っていく。

 だが、柚月と朧は、光に包まれ、見事、聖印能力を発動する事に成功した。


「ちっ」


――間に合わなかったみたいね……。


 静居と夜深は、舌打ちをし、苛立つ。

 もう少しで、封印できたのにと悔しがっているのであろう。

 柚月と朧は、静居の前に立った。


「ここからが、本番だ」


 朧は、鞘から刀を抜いて、告げる。

 柚月も、同様に、鞘から刀を抜いた。


「決着をつけるぞ!!」


 柚月は、構え、宣言した。

 朧も、同時に。

 この戦いに、決着をつけると。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます