第八章 赤い月と災厄

第九十三話 黄泉の乙女との関係性

 九十九達の活躍、そして、黄泉の乙女、樹海の乙女の手助けにより、柚月と朧は、目覚め、綾姫達も、柚月と朧に関する記憶を思いだすことができた。

 柚月達は、椿、茜、藍、そして、黄泉の乙女に感謝しながら、光城に帰還した。

 しかし、聖印京の本堂で、全てを見ていた静居と夜深は、ため息をついている。

 彼らが、目覚めたことを残念がっているようだ。


「そうか。柚月と朧が目覚めたか」


「そうみたいね、残念だったわね」


「そうだな」


 今までとは違い、本当に、残念がっている静居と夜深。

 あの大戦時に、柚月と朧を殺そうとしていたようだ。

 あがき続けていた二人であったが、神懸かりした静居に対して、手も足も出ないほどだった。 

 ゆえに、静居が、見切りをつけたのだろう。

 彼らは、もう、どうあがいても無駄だと。

 だが、彼らは、あがき続けた。

 柚月と朧を魂事、消滅させることができなかった。

 九十九と千里、そして、光焔が、彼らを目覚めさせてしまった。

 これは、静居にとって予想外だったようだ。


――まさか、あいつが、妖に転じていたとはな……。


 さらに言えば、黄泉の乙女に関しても、静居にとっては、予想外だったようだ。

 彼女と静居は、どのような関係があるのだろうか。

 夜深も、彼女の事を知っているようで、彼女の正体や居場所を見抜けなかったことを悔やんでいた。

 しかし……。


「夜深」


「何かしら?」


「そろそろ、頃合いかもしれないな」


「そうね。とうとうこの時が来たのね」


 静居は、まだ、何か企んでいるようだ。

 柚月達が、目覚めたところで、計画に支障はないらしい。

 しかし、この時と言うのは、何だろうか。

 彼らは、何をしようとしているのだろうか。

 静居と夜深は、不敵な笑みを浮かべていた。



 柚月達は、光城に帰還し、彼らを出迎えてくれた撫子達に、妖の樹海で起きた事を話す。

 もちろん、牡丹の娘である椿が、妖として転生していた事も……。


「そうか……椿におうたんやなぁ」


「おう」


 牡丹は、穏やかな表情を見せる。

 もう二度と会えないと思っていた娘に九十九が会ったのだ。

 つまり、牡丹も、椿に会えるという事。

 これほど、うれしいことはないだろう。

 たとえ、妖に転生していたとしても、牡丹にとっては、構わない。

 愛しい娘に会えるのであれば。


「妖に転生したってことは、よほど、あんさんを愛しとったのかもしれんなぁ」


 椿が、妖に転生してまで、生きようとしたのは、他でもない九十九の為であろう。

 九十九を助ける為に。

 そうでなければ、妖に転生したいと願わなかったはずだ。

 牡丹は、そう、推測した。

 彼女は、牡丹の娘だ。

 だから、理解できるのだろう。

 椿の事を。


「九十九はん、お願いがあるんや」


「おう」


「この戦いが終わったら、椿に会わせてほしいんや、一度だけでいい」


 牡丹は、九十九に懇願する。

 静居との戦いが終わったら、椿に会わせてほしいと。

 椿に会えるとわかった時、牡丹も、椿に会いたいと強く願ったのだ。

 一度でいいから。

 今度こそ、自分が椿の母親だと告げ、親子として話がしたいと。

 もちろん、今は、静居を食い止めなければならない。

 だからこそ、牡丹は、戦いが終わるまでは、会わないと決めたのだろう。


「一度じゃあ、物足りねぇだろ」


「え?」


「何度でも、会わせてやるよ。お前は、椿の母親なんだから、何度だって会えばいい」


「いっちょ前のこと言うてくれるなぁ」


 だが、九十九は、一度だけでは、足りないと思っているようだ。

 牡丹は、戸惑うが、九十九は、何度でも、椿に会わせてやりたいと思っているようだ。

 牡丹は、どこまでも、不器用で、どこまでも、優しい九十九に感謝しながら、涙を流した。

 柚月達も、静かに、微笑みうなずいていた。

 いつの日か、椿と牡丹がが再会できる日を願って。


「なぁ、光焔」


「なんだ?」


「姉上達が、妖に転生できたのは、聖印を持っていたからなのか?」


「うむ。だが、それだけではないと思う」


「どういう意味なんだ?」


 柚月は、光焔に尋ねる。

 椿達が、転生できた理由を確認するかのように。

 人間が妖に転生する事は、容易ではないはずだ。

 ゆえに、聖印を持っていたからではないかと推測したようだ。

 光焔は、うなずくが、聖印だけで、妖に転生したわけではなないらしい。


「おそらく、清き魂を持っていたのではないかと思うのだ」


「清き魂?」


「うむ。たとえ、力がある聖印一族であっても、妖に転生することができても、理性を保つことはできない。ましてや、神のような力を持つことはできぬのだ」


 光焔曰く、椿達が、妖に転生できた理由は、清き魂を持っていたからだという。

 椿達は、妖に転生しながらも理性を保ち、九十九達を異空間へと導き、さらには、黄泉の乙女として、樹海にとどまった。

 これは、聖印一族でさえも、不可能なのだ。

 神の力を授かる事も、理性を保つことも。

 だが、清き魂の持ち主ならば、可能らしい。


「けど、あいつらは、できた。それは、清き魂を持っているからなのか?」


「うむ。汚れなき清き魂は、純粋な力そのものだ」


「なるほど。そういう事でごぜぇやすな」


 千里が、光焔に尋ねると、光焔は、説明を続ける。

 清き魂は、純粋な力であるらしい。

 それを聞いた高清、春日、要は、納得した。

 さすがは、研究者と言ったところだろうか。


「……なら、もう一つ聞きたいことがある」


「なんだ?」


「あの人、黄泉の乙女の事だ。彼女は、俺と深いつながりがあるって言ってた。何者なんだ?」


 柚月は、もう一つ気になったことがある。

 それは、黄泉の乙女と自身の関係だ。

 黄泉の乙女は、自分と深いつながりがあると柚月に告げた。

 だが、柚月には、心当たりがない。


「柚月とも、深いつながりあるって言ってたのか?」


「ああ」


「わらわも同じこと言われた」


「そうなのか?」


「うむ。だが、わからぬのだ。わらわにも」


「そうか……」


 光焔は、目を丸くして、柚月に尋ねる。

 なぜなら、光焔も同じことを言われたのだ。

 自分と黄泉の乙女も、深いつながりがあると。

 だが、光焔でさえも、わからない。

 彼女は、何者なのか……。


「けど、いずれ、わかるって言ってたんでしょ?その時になれば、きっとわかるよ」


「……だといいんだがな」


 朧は、考え込んだ柚月と光焔に語りかける。

 黄泉の乙女は、今は、わからなくとも、いずれ、わかるはずだと告げたのだ。

 つまり、真実を知るのは、まだ、先の事なのだと。

 このまま、謎が残るわけではない。

 柚月も、理解しているのだが、黄泉の乙女について、やはり、勘が混んでしまうようだ。

 朧は、そんな柚月の心情を深く理解していた。



 その日の夜。

 三日月が、見えるころ、柚月は、自身の部屋で、物思いにふけっている。

 もちろん、黄泉の乙女の事だ。

 いずれ、わかる。

 だが、そのいずれとは、いつなのか。

 彼女と自身の関係は、何なのか、気になるのだろう。

 だが、その時であった。


「兄さん、入っていいか?」


「ああ。いいぞ」


 朧が、柚月に声をかけ、御簾上げ、部屋に入った。


「朧、どうした?」


「兄さんのことが気になったんだ」


「俺?」


「うん」


 柚月は、朧に問いかける。

 何か用があってここに来たのだろう。

 柚月は、そう、推測したようだ。

 朧が、ここに来た理由は、柚月の事だ。


「もしかして、あの人の事、考えてるんじゃないかって」


「……そうだな」


 朧は、柚月の心情を見抜いていたようだ。

 朧には、ごまかしきれないと判断した柚月は、静かにうなずいた。

 どうしても、彼女の事が気になる。

 彼女が、消滅する前に、語ったあの言葉や表情が、どうしても、頭から離れようとしないのだ。


「確かに、気になるよな。俺も、知りたいと思うし。でも、あの人が言ってたんだろ?いずれ、わかるって」


「ああ」


「なら、その時が来るはずだ。永遠にわからないってわけじゃない。俺は、そう思う。だから、いつか、わかるはずだ」


 朧も、なぜ、柚月が、彼女の事を考えているのかは、わかる。

 なぜなら、朧も、知りたいと願っているからだ。

 だが、いずれ、わかると告げたという事は、わからないわけではない。

 だから、心配する必要はないのだと言いたいのだろう。


「……お前の言う通りだな。今は、静居の事、何とかしなければな」


「うん」


 柚月は、穏やかな表情で語る。

 今は、わからなくとも、わかる時が来るのだと。

 自身のことも、黄泉の乙女の事も。

 朧も、穏やかな表情でうなずいた。

 だが、その時だ。

 朧が、空を見上げた瞬間、目を見開き、動揺し始めたのは。


「兄さん!あれ!」


「っ!」


 朧は、空に向かって、指を指す。

 柚月も、空を見上げるが、目を見開き、動揺し始めた。



 そのころ、同じ部屋にいた九十九と千里に、異変が起こっていた。

 二人は、痙攣を起こしたかのように体を震わせ始めた。


「こ、これは……」


「まさか……」


 自身の状態について、察する九十九と千里は、空を見上げ始めた。

 なんと、三日月だったはずの月が、満月のように見え、真っ赤に染まっていたのだ。

 まるで、赤い月のように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます