第二十七話 妖を宿す宝器

 撫子達は、宝器を手にする。

 そして、七大将軍も。

 七大将軍が手にした武器は、なんと、宝器だ。

 全員、宝器を所持していたようだ。


「あれは、全部、宝器なんだな」


「うん。昔、皇城家から贈られたものらしいんだ。あの宝器は、代々帝と将軍に受け継がれてきたんだよ。この宝器のおかげで西の都は、滅ばずに済んだらしいんだ」


「そういう事か」


 彼らの武器を目にした柚月は、それが、宝器だと一目で見抜き、朧が、説明する。

 なんと、昔、皇城家から贈られたらしいのだ。

 現在、西地方で宝器を手にしているのは、帝と七大将軍のみ。

 だが、その宝器は、協力であり、聖印能力がなくとも、妖を退けることができる。

 ゆえに、西地方は、滅びることなく、今日まで、栄え続けてきたのだ。

 朧の説明を聞いた柚月は、納得していた。


「行きましょか、みなさん」


「はい!」


 撫子達は、構える。

 妖達は、唸り声を上げ、撫子達をにらみつけていた。

 それでも、彼らは、動じることはない。

 やはり、それほどの実力があるようだ。


「皆、帝に続け!」


 濠嵐の号令の元、七大将軍が、地面を蹴り、一気に妖達と距離を縮める。

 妖達は、濠嵐達へと向かっていき、襲い掛かろうとしていた。


「こいつらが、あたしの獲物のようだな。全員、皆殺しだ!」


 先陣を切ったのは、意外にも、春見だ。

 春見が握りしめている宝器は、薙刀。

 名を水無月みなづきと言う。

 そして、春見は、水無月を勢いよく振り回し、妖達を薙ぎ払っていた。


「おらおらおらぁ!!」


 春見は、威勢よく、薙刀を振り回し、妖達を切り裂いていく。

 だが、彼女の実力は、これだけではない。

 春見は、水無月の力を発動すると、なんと、水無月から、巨大な金魚が現れたのだ。

 これこそが、春見が発動できる技・水無月金魚みなづききんぎょ

 水無月から、巨大な金魚を召喚し、妖を討伐していく技であった。

 金魚は、妖達を丸呑みし、消滅させた。


「春見は、おっとこ前だねぇ。真似できないよ」


 金魚と共に豪快に妖達を討伐していく春見を見て、篤丸は、やれやれとあきれた様子を見せている。

 あの豪快さは、男よりも、たくましいが、女性らしさにかけてしまう。

 それゆえに、あきれていたのだろう。

 最も、そのことに関しては、春見は、気にしていないのだが。

 篤丸が手にしている宝器は、大幣。

 その名は、月光げっこうだ。

 篤丸は、挑発するかのように、月光をひらひらと動かした。


「はいはい、僕は、ここだよ。来るなら、来なよ」


 篤丸は、本当に、挑発しているようだ。

 挑発された妖達は、怒りを覚え、篤丸に襲い掛かっていく。

 だが、篤丸は、すぐさま、技を発動し、月光から、空懸ける馬が召喚された。

 技の名は、月光天馬切げっこうてんまぎり

 その名の通り、月光から空懸ける馬を召喚し、妖を討伐していく技だ。

 篤丸は、馬に乗り、馬は、駆けていき、妖達を蹴散らしていった。


「いざ、推して参る!」


 続いて、満英が、拳一つで、妖達を吹き飛ばしていく。

 彼が見に着けている籠手こそが、宝器だ。

 その名は、不知火しらぬい

 重く頑丈だが、満英と相性がよく、次々と妖達は、吹き飛ばされていった。


「どうした!お前達の実力は、こんなものか!」


 満英が、いつにも増して、声を荒げる。

 まるで、人が変わったかのようだ。

 だが、満英は、真の力を発揮していない。

 まだ、技を発動していないのだ。

 挑発された妖達は、一気に、満英に攻め込むが、ここで、満英は、不知火から、鳳凰を召喚する。

 これこそが、満英が発動できる技・不知火鳳凰しらぬいほうおうだ。

 不知火から鳳凰を召喚し、妖達を討伐することができる技。

 満英にとっては、鳳凰はよき相棒と言ったところであろう。

 鳳凰は、空を駆け抜け、炎で妖達を焼き殺した。


「君達が、僕の相手ですね……」


 藤代は、ぼそりぼそりと呟くが、その目は、殺気を帯びている。

 まるで、暗殺者のような目だ。

 それもそのはず。 

 藤代は、暗殺を得意としているのだ。

 それゆえに、藤代は、息をひそめて、短刀で、妖達を切り裂いていく。

 彼が、手にしている短刀の名は、護摩木ごまきと言う。

 藤代は、襲い掛かろうとする妖に対して、護摩木を突きつけた。


「覚悟しておいてください……」


 藤代は、ぼそりと呟くと、技を発動し、護摩木から、蜥蜴が召喚された。

 その技の名は、護摩木蜥蜴ごまきとがけ

 護摩木から、召喚された蜥蜴は、暗殺のごとく、一瞬で妖達を討伐していくことができるのだ。

 大群の妖を相手にしても。

 それゆえに、藤代にとっては、相性が良かった。


「ほらほら、どうしたの!?早く、逃げないと、俺に殺されちゃうよ?」


 蛍は、余裕の笑みを浮かべながら、くないで妖達を切り裂く。

 くないの名は、金木犀きんもくせい

 重さは、軽いほうではあるが、殺傷能力は上級だ。

 ゆえに、蛍は、軽々と舞うように、妖達を切り裂くことができた。


「ふーん、逃げないんだ?じゃあ、しょうがないね」


 逃げることなく襲い掛かる妖達に対して、蛍は、仕方がないかと残念そうにつぶやく。

 だが、言葉とは裏腹に表情は、楽しそうだ。

 蛍は、技を発動し、金木犀から、多数の蝶を召喚し始めた。

 技の名は、金木犀揚羽きんもくせいあげは

 金木犀から多数の蝶を召喚した後、蝶が妖達を食べつくす技だ。

 しかも、一瞬で。

 召喚された蝶達は、妖達を食べつくし、消滅させた。


「ふん、こんな雑魚相手、僕一人で十分だったんだけどね」


 世津は、嫌味を言ってのける。

 それは、撫子達に対してなのだろうか。

 今、撫子達は、交戦中の為、世津の言葉を聞いていたかは、定かではない。

 それでも、世津は襲い掛かる妖達に対して、弓矢を放つ。

 彼が持つ弓矢の名は、寂光土じゃっこうどと言う。

 世津の命中率は百発百中だ。

 飛ぶ妖でさえも、正確に射抜くほどに。


「でも、仕方がないから、手伝ってもらうよ」


 次々と妖達を矢で射ぬく世津だったが、それでも、妖達は、召喚し、世津の前に現れる。

 世津は、ため息をつきながら、寂光土から大蛇を召喚した。

 これこそが、世津が、発動できる技・寂光土大蛇じゃっこうどだいじゃだ。

 寂光土から召喚された大蛇は、薙ぎ払い、妖達を切り裂く力を持つ。

 そのため、世津は、妖達を距離を保って、弓矢で妖達を射抜くことができたのであった。


「ここは、通さんでごわす!」


 濠嵐は、刀を手にし、次々と妖達を切り裂いていく。

 彼が持つ刀の名は、日輪にちりん

 七大将軍の中で彼だけが、宝刀を手にしていたのだ。

 妖達を討伐してく濠嵐であったが、それでも、妖達は、すぐさま、召喚されてしまった。


「まだ、来るか。いいでごわす!かかってこい!」


 召喚されても、濠嵐は、ひるむことなく、構える。

 そして、濠嵐は、日輪から、獅子を召喚したのであった。

 それこそが、濠嵐が、発動できる技・日輪獅子丸にちりんししまるだ。

 獅子から、獅子を召喚し、獅子が、容赦なく妖を切り裂いていく。

 獅子の上に乗った濠嵐は、獅子と共に駆け抜け、妖を切り裂いた。

 一気に討伐されていく妖達であったが、ついに、撫子の前に、妖達が召喚されてしまったのだ。

 彼女を守ろうと、前に出ようとする柚月と朧であったが、ここで、撫子が、二人を制止させる。

 彼女の宝刀である神薙かんなぎを手にして。


「もう一度、やりましょか?」

 

 撫子は、すぐさま、技を発動した。

 すると、神薙から、あの龍が召喚されたのだ。

 技の名は、神薙龍円舞かんなぎりゅうえんぶ

 撫子が、舞を踊り、神薙から龍を召喚する技だ。

 その龍は、妖達を吹き飛ばしながら、討伐していったのであった。


「これが、帝と七大将軍の実力……」


「やっぱ、何度見てもすごいよ……」


 柚月達は、撫子達の戦いぶりを目にして、圧倒されている。

 各々が、強いからだ。

 もし、これで、連携をとったら、さらに脅威となるであろう。


「しかも、妖を宝器に封じ込めていたとは……」


 柚月は、初めて、妖が宝器に封印されていた事を知る。

 それほど、彼らの宝器は、特殊だったのだ。

 彼らは、聖印一族ではない。

 ゆえに、強力な力が必要であった。

 そのために、皇城家から妖が封じ込められている宝器を授かったのだ。

 だが、その妖を扱うには、強い力を持つ者がい必要である。

 そうでなければ、逆に妖に命を奪われてしまうからだ。

 撫子達は、それほど、強い力を持っているということになる。

 柚月は、改めて、彼らの強さを思い知らされた。


「兄さん、俺達も!」


「ああ」


 柚月も、朧も、再び、地面を蹴り、妖達へと向かっていく。

 何度も、妖を切り裂き、何度も妖が召喚されたが、撫子と七大将軍達の圧倒的な力の前に、妖達は、なすすべもなく、討伐され、ついには、妖達が召喚されることはなくなったのだ。

 そうとなれば、妖達を一気に討伐できる。

 柚月と朧は、連携を取り、妖達を光と炎で討伐したのであった。

 こうして、妖達は、全滅し、柚月と朧は、怪我を負うことなく、聖印能力を解除することができたのであった。


「全部、倒せたみたいだねぇ、良かった良かった」


「ちっ。まだ、殺し足りないんだがな」


「こ、これ以上は、困りますよ……」


 篤丸は良かったとつぶやき、背伸びをし始める。

 だが、春見は、まだ、殺し足りないと舌打ちをするのであった。

 そんな春見に対して、藤代は、困惑した様子で、反論した。


「何はともあれ、一件落着ってところ?」


「そのようだ」


「まだだよ。まだ、終わりなわけないでしょ?」


 蛍は、戦いは終わったのか確認するように尋ね、満英は静かにうなずく。

 だが、世津曰く、まだ、戦いは、終わっていないようだ。

 何かを感じ取っているのだろうか。


「帝」


「わかってます」


 濠嵐が、撫子を呼び、撫子は、うなずく。

 どうやら、二人も、まだ、戦いは終わっていないと感じているようだ。


「そろそろ、出てきたら、どうです?もう、知ってますよ。あんさん方が、妖を召喚した事は」


 撫子は、目を細めて、じっと前を見据える。

 だが、撫子の視線の先には、誰もいないはずだ。

 そう思っていた柚月達であったが、突如、術が発動され、何者かが姿を現した。


「お前は……聖印寮の人間か!?」


 柚月は、驚愕する。

 なんと、彼らの前に現れたのは、男性隊士だ。

 だが、撫子の紋を身に着けていない。

 しかも、聖印一族の人間ではないらしい。

 つまりは、この男性は、聖印寮の人間であり、一般隊士であった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます