第二十五話 信じるからこそ、気遣うからこそ

 何もしないと堂々と宣言した撫子に対して、濠嵐達は、戸惑う。

 それは、朧も同じだ。

 彼女は、いったい何を考えているというのだろうか。

 朧達は、撫子の意図が読み取れなかった。


「な、なにもしないというのは……」


「せやから、言うた通りでございます」


 濠嵐が、恐る恐る問いかける。

 撫子は、きっぱりとその通りだと言い切った。

 つまり、疑惑をかけられた自身と七大将軍に対して、何も対策をしないというのだ。

 それは、あまりにも、無防備すぎる。

 もし、この中に、本当に、内通者がいるとしたら、事件は、再び起きてしまうだろう。

 朧達は、ただ、戸惑うばかりであった。


「どうして?俺達の中に裏切り者がいるのは、確かでしょ?」


「篤丸!」


「いい加減にしな!」


 苛立ちを隠せなくなったのか、篤丸が、撫子に問いただす。

 裏切り者がいるとはっきりと言って。

 篤丸は、確信を得たから、そう言いきったのだろう。

 だが、濠嵐は、篤丸の発言に対して、怒りを覚えたのか、名を呼ぶ。

 春見も、怒りを抑えきれず、篤丸の胸倉をつかみ始めた。

 しかし……。


「待ちなはれ」


 撫子が、低い声で静かに制止させる。

 ただ、それだけだというのに、濠嵐も、篤丸も、春見も圧力をかけられたかのように、体を跳ね上がらせ、静かに、座る。

 それほど、彼女は、影響力があるのだろう。

 朧は、改めて、そう感じた。


「なら、篤丸、裏切りもんがいるという証拠は、どこにありますの?」


「そ、それは……」


 撫子は、篤丸に問いただす。 

 証拠はあるのかと。

 篤丸は、口をつぐんでしまう。

 どうやら、証拠なしに彼らを疑っていたようだ。

 だが、疑うのも無理はないだろう。 

 実際に、事は起きてしまったのだから。


「ただの推測で物を言うたらあきまへん」


「す、すみません……」


 撫子は、篤丸を叱責する。

 彼らを疑うなと言いたのであろう。

 篤丸は、それ以上、何も言えず、ただ、納得した様子を見せず、うつむくばかりであった。


「あては、あんさん方を信じております。せやから、何もしまへん」


 撫子は、堂々と宣言する。

 七大将軍を信じていると。

 それは、嘘偽りない本音だ。

 これまで、共に戦ってきたからこそ、言いきれるのであろう。

 本当に、彼らの中に、裏切る者がいるとも限らない。

 外部の人間が、情報を手にした可能性も高い。

 それゆえに、撫子は、そう言いきったのであった。


「それに、このままやと、お互いを疑うことになる。それは、あの男の思惑通りになりますやろ?」


「た、確かに……」


 撫子は、懸念したのだ。

 このまま、お互い疑っていると、誰も信じられなくなる。

 そうなれば、平皇京を守れなくなる。

 それは、静居にとっては、好都合でしかない。

 いや、そうさせる為に、仕向けた可能性だってあるのだ。

 静居の思惑通りには、させまいと撫子は、決意している。

 それを感じ取った濠嵐は、納得していた。


「けど、犯人の追跡と台所の監視は、させてもらいます」


「はっ」


 撫子は、このまま、何もしないというわけではない。

 対策は、しっかりと練っていたのだ。

 まずは、毒を持った犯人を探しださなければならない。

 なぜなら、犯人は有力な情報を手にしているからだ。

 誰が、このような事を命じたのか。

 暗殺者が自害した為、今度こそ、慎重に、そして、必ず、情報をつかまなければならなかった。

 そして、撫子が、次に対策を講じたのは、台所の監視だ。

 今回、毒を持ったのは、台所にいた人物が有力候補であろう。

 もし、女房や奉公人が犯人だとしたらの場合なのだが。

 それでも、犯行を防ぐと同時に、犯人を捕らえる事もできるかもしれない。

 撫子は、この二つの策を提案し、これ以上事件を起こさせまいと誓うのであった。

 


 会議のやり取りを朧から聞いた柚月達。

 七大将軍が、疑心暗鬼に陥ったと聞かされ、何か思うところがあり、各々、口をつぐんでしまった。


「そうか、あの人は……」


「うん。皆を信じてるみたいだ」


 柚月が、重たい口を開け、呟き、朧が、うなずく。

 撫子は、彼らを信じているのだと、改めて、理解して。

 だが、それで、本当に良いのだろうか。

 柚月達は、葛藤し始める。

 なぜなら、事件が、起こってしまったのは、自分達が、ここへ来たのが原因なのだから。

 責任を感じずには、いられなかったのだ。


「兄さん……あのさ……」


「ここから出よう」


「え?」


 朧は、申し訳なさそうに、柚月に、語りかけようとする。

 だが、その時だ。

 柚月が、ここから、出ようと提案したのは。

 朧は、驚き、困惑した。

 それは、光焔、餡里も、同様であった。


「これ以上、ここに留まっていては、帝達を巻き込んでしまう。帝達には申し訳ないが、ここを出るしかない」


 現状、被害にあったのは、自分達だけであるが、今後、撫子達にも被害が及ぶ可能性がある。

 ましてや、これ以上、事件が起こっては、ますます、彼らは、お互いを疑うことになるだろう。

 そうなれば、撫子も、対策を講じなければならない。

 もしかしたら、彼らだけでなく、平皇京に住む人々も巻き込んでしまう可能性がある。 

 となれば、柚月は、黙って、ここを出る事を考えていたのだ。

 神々に関する有力な情報を提供し、かくまってくれた撫子達には、申し訳ないと感じながら。


「……うん、俺も、そう思う。実は、俺も、同じこと考えてたんだ」


「そうか……」


 朧も、同じことを考えていたらしい。

 ここを出た方が、撫子達にとっては、いいのだと。

 自分と同意見であったと知った柚月は、微笑み、うなずいた。


「光焔、餡里、悪いが……」


「わかっておる。わらわは、大丈夫だ」


「はい。僕も、その方がいいと思います」


「ありがとう」


 柚月は、光焔と餡里に語りかける。

 彼らには、申し訳ないと感じていたのだ。

 ここにいれば、少なくとも、外よりは、安全だ。

 特に、餡里は、今は、戦う力を失っている。

 もちろん、自分達が守ると決意しているのだが、危険にさらされる可能性だってあるのだ。

 そう思うと、心が痛む。

 だが、光焔も餡里も、柚月と朧の提案に賛同しているようだ。

 柚月は、本当に助かると二人に、感謝したのであった。


「なら、すぐに出よう」


「え?でも、兄さん、体の方は……」


「俺なら、大丈夫だ。皆のおかげでな」


「なら、いいけど……」


 朧は、柚月の身を案じる。

 まだ、柚月は、目覚めたばかりだと、朧も察しているからだ。

 回復したからと言って、すぐ、動けば、体に悪影響を及ぼす危険性だってある。

 だからこそ、もう少し、休んでからと思ったのだが、柚月は、大丈夫だと朧達を気遣った。

 確かに、柚月は、体力がある。

 だが、朧は、どこか、心配しながらうなずいたのであった。

 おそらく、何を言っても、柚月は行くというだろう。

 仕方なしに、納得するしかなかったのであった。


「裏門からなら、誰にも気付かれずに出られる。俺、場所知ってるんだ」


「案内、頼めるか?」


「任せて」


 柚月達は、立ち上がると朧は、裏門から出ようと提案する。

 そこも、門番がいるが、撫子や七大将軍に気付かれることはないだろう。

 見回りだと言えば、疑うことなく、納得するかもしれない。

 柚月は、朧に案内を頼み、朧は、うなずいた。

 こうして、柚月達は、撫子達に気付かれないように、部屋から出たのであった。



 撫子は、部屋で、考え事をしている。

 まるで、何か、悩んでいるようだ。


「参りましたなぁ……」


 撫子は、ため息交じりに呟く。

 今回の事で、相当参っているようだ。

 立て続けに起きた事件。

 助かったものの柚月と朧は、命の危機にさらされた。

 そして、七大将軍達がお互いに疑い始めてしまった。

 撫子にとっては、相当の痛手だ。

 会議の時は、堂々としていたのだが、内心、ため息が出るほど、参っていたのであった。


「あの男は、過激な事を……」


 撫子は、静居に対して、怒りを露わにする。

 もちろん、これが、静居の差し金だとは、決まっていない。

 だが、わかるのだ。

 自分の手を汚さず、部下を駒として扱う。

 このような卑劣な手を使ってくるのは、静居だけなのだと。


「さて、どう動くか……」


 撫子は、頭を悩ませる。

 静居が、どのような手を使ってくるかは、推測は容易ではない。

 いや、推測で来たとしても、回避することさえも、容易ではないだろう。

 静居を食い止めるには、至難の業であった。

 その時だ。


「帝!」


「どうされましたん?」


 濠嵐が、慌てて、撫子の部屋へと入る。

 彼の様子からして、ただ事ではない。

 そう、察した撫子は、内心、焦燥に駆られながらも、平静を装って、立ち上がり、濠嵐の前へと歩み寄った。


「ゆ、柚月殿達が、いなくなりました!」


「え!?」


 濠嵐が、息を切らしながら撫子に報告する。

 なんと、柚月達が、城からいなくなったというのだ。

 これには、さすがの撫子も驚いた様子を見せる。

 まさか、柚月達が、城を出るとは、撫子も予想していなかったのであろう。

 


 柚月達は、撫子が柚月達がいなくなった事に気付いたとは、まだ知らず、平皇京から少し離れた場所まで、歩いていた。

 平皇京から、どんどんと遠ざかっていく。

 だが、それでいい。

 撫子達を巻き込まずに済むであろう。

 柚月達は、そう、考え、進んでいたのであった。


「これから、どうする?」


「ひとまず、休められる場所が欲しい。そこで、考えよう」


「なら、この近くに洞窟があるよ」


「そうか、本当に、助かるな」


 朧は、柚月に問いかける。

 柚月は、まず、休める場所を確保したいと思っているようだ。

 平皇京から出たものの、これからどうするかまでは、決めていない。

 まずは、平皇京からなるべく遠くへ行こうと考えていたようだ。

 撫子達の為にも。

 朧は、柚月に、近くに洞窟があると話す。

 やはり、朧は、頼りになる。

 自分だけでは、体を休める場所さえ、見つけるのに苦労したであろう。

 柚月は、朧に感謝していた。

 しかし……。


「み、みなさん!あれを!」


 餡里が、慌てた様子で、指を指す。

 なんと、視線の先には、妖達が柚月達に向かってきていたのだ。

 それも、数十匹の大群が。


「来たか……」


「うん……」


 やはり、簡単には、進めそうにない。 

 柚月も、朧も、そう予想していたようだ。

 柚月と朧は、覚悟を決めたかのように、刀を鞘から抜いて、妖の方へと歩き始めたのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます