Chapter4 『不器用』 4-3

(葵はベッドの上に座り、光を見つめ微笑んだ。)


(薄紫の髪は、葵の腰から、ベッドの上につくほど長かった。)


(光は、葵を見つめ、無意識に左の肩に手を触れた。)


(肩に留めたピンバッジには、FOT No.7と刻まれている。)


「でも、誰かがここを出ていくわ。」


「出ていく? まさか。」


「契約に反すれば、国から消されるんじゃなかったか。」


(葵は立ち上がって、服を選び始めた。)


「光は、消されるなんて信じていないんでしょう?」


(鏡で衣装合わせしながら、鏡越しに光に話しかける。)


「ああ。 俺たちは能力者集団だ。 一般人に消されてたまるか。」


「そうね。 でも、あの人たちは乱暴だから。」


「まぁな。 相当な武力を持ち出せば、俺たちに害を加えられるかもしれないぜ。」


(葵は、光に振り返った。)


「光。 制裁は、暴力とは限らないわ。」


「・・どういう事だ?」


「きっと、国の人たちは怖い事を考えている。 だから。 じっとしているだけでは


変えられない事もあるの。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます