Chapter2 『窮屈な日常』

Chapter2 『窮屈な日常』 2-1

チュンチュンッ チチチッ


(鳥の声が聞こえる。)


(薄いカーテンを閉めた窓から、明るい朝の日差しが

夏樹の部屋に射し込んでいる。)


(ベッドがあるにもかかわらず、ソファーに毛布をかけて横になっている夏樹は、

まだ眠っていた。)


(だらりと垂れた色白の手の先に、床に滑り落ちた一枚の紙は、

昨日の夜眠るまで読んでいた、風見市の資料だった。)


カタンッ


トントンッ


(部屋を歩く、軽快な足音がある。 いつの間にか部屋には、誰かがいた。)


シャッ


「んっ、もう。 夏樹ったら、まぁたソファーで寝て。」


(カーテンを勢いよく開けながら、千波はソファーの上の寝顔を見つめた。)


「こんなに明るいのに、まだ起きないなんて。 また夜更かししたなっ。」


(腰に手をやり、怒ったように部屋の真ん中に立つ。 朝の光を浴びて、

太陽のような元気にあふれていた。)


(夏樹と良く似た、短い髪と顔立ち。 ただその肌は、健康的に赤味を差し、

髪と目の色は、まったく違って明るい茶色だった。)


(ポップでカラフルな服に、クローバーの小さなヘアピンを髪にとめていた。)


「どれどれ・・。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます