親猫

作者 気分屋

第72話 ゲンキ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ゲンキ君ジャパリパーク来て…
    ここから猫の子に繋がるのですね

    作者からの返信

    そうなのです、出会い別れを繰り返していたのです…  猫の子読み返したら若干やズレあるかも、後付け過去編は難しいね

    2018年4月20日 00:47

  • ディケイドで若干笑ってしまいましたw

    そんな経歴でパークに…

    作者からの返信

    通りすがりの仮面ライダーって台詞が汎用性高くてねw

    一話付近と若干や矛盾生まれたかもしれないけど多目にみててね?

    2018年4月19日 22:00

  • まあリアル中二なら中二病も已む無しですよね…
    ゲンキ君…小学生の弟が4人と妹が3人居て、ちょっとだけ大家族なんだな。
    むしろ元気なのはお父さんかもしれない。
    たぶん苗字は「畠山」さんだと思う。(個人の感想です)

    親切おじさんの見た目はね…髪の色とか語っても仕方ないんですよ…
    だってどうせヅラですから。
    親切おじさんは20代半ばからの致命的な若ハゲなんですよ。
    そのコンプレックスこそが、正に彼が「動物の力」を手に入れたいと渇望するようになった源流なんですよね。
    だって病気でもない限り、動物に若ハゲとか居ませんから。

    作者からの返信

    親切さんそんな理由でかばんちゃんレイプしようとしたんか?はいスザクファイヤー

    2018年4月19日 21:01

  • 猫の子第一話のバックにこんな話があったとは・・・

    ところでユウキもゲンキもナリユキ父さんかっこよすぎかよ、カインドマンはもっかい焼かれろ

    作者からの返信

    男達の熱い絆を書きたかった、パークには女の子しかいないからね、熱さが足りない

    2018年4月19日 17:44

  • 通りすがりの仮面ライダーって…

    以下ビルド風あらすじ紹介

    継月「シロの妻で、ある意味てぇんさいのかばんは、
    ツチノコ、イナリ姉ちゃんと共にシロの友人
    ゲンキとの記憶の扉を見つけ、その内容から、これこそがシロを説得する鍵だと悟る」
    ガブリエル「ていうかさ、かばんちゃん結局どうやって
    シロ君の心を救うの?」
    継月「そんなの決まってるだろガブ姉。
    かばんのやつが愛の力とかでキュンキュンのポワンポワンのズドドドドー!で何とかするんだよ」
    ガブリエル「殆ど擬音!?そんなんじゃ分からないよ!?」
    継月「最悪作者の気分屋さんに聞けば分かるよ!
    さぁどうなる第73話!」
    ガブリエル「さらっと凄いメタいこと言って
    押しきられた!?」

    作者からの返信

    概ねその通りだからきたいしないでくれ!

    2018年4月19日 15:36

  • 早く次を書きやがれくださいお願いします

    作者からの返信

    まだ500文字くらいしか進んでないのです
    いましばらく、いましばらくお待ちください!

    2018年4月19日 15:35

  • カインドマンの見た目って多分半分黒髪でもう半分金髪だよね


    作者からの返信

    ブラウンのオールバックに白髪ラインとかいかが?

    2018年4月19日 15:34

  • 元気君
    大丈夫かな、サイボーグとかになってたら気分屋さんをズタズタにするw
    さて、見せてもらおうじゃないか
    この鬱的展開から抜け出すのを...

    次は元気君が実験台の生物としてジャパリに投入されるのかな?w

    作者からの返信

    見とれよユウキッキ
    大団円メーカー気分屋の力をな

    2018年4月19日 13:19

  • ジャパリパークについた頃のシロはどこか元気が無いんですよね。それは「ゲンキ」自身を失ったからなのでは……と邪推してみたり。

    作者からの返信

    うまい、しかしそれでは負のスパイラルから抜け出せぬままよ…
    忘れてはいかんのが、こんな鬱展開だけど前に向かって進んでいるということさ!

    2018年4月19日 10:15

  • ゲンキくん、再登場するかな?

    作者からの返信

    おたくのカエデくんよりは救いあると思うねん

    2018年4月19日 10:11