親猫

作者 気分屋

第63話 おかえり」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 燃え尽きたぜ…真っ白にな

    作者からの返信

    そんなのが青春って言えるのHi,Jiri吹くん!

    2018年4月7日 19:35

  • あれだ…虹村億泰が兄貴の夢を見て復活するようにシロがお母さんの夢を見て復活するんだ、そうだろう気分屋さん、、、

    作者からの返信

    お母様はユキちゃん中で元気元気だから形兆兄貴になったらあかんw
    かばん「生きてるんだったら早く起きてくださいよバカぁ!!!」

    2018年4月5日 19:53

  • タイトル見て安心したところをきれいに打ち抜かれました…

    作者からの返信

    で、でぇじょうぶだ!気にすんな!

    2018年4月5日 12:34

  • なんか昨晩書いたコメントが投稿出来てねぇ・・・

    シロ・・・こんどは心がダメになっちまいましたか。これは記憶のない別人格が出来てしまってそれからシロ人格が蘇ってきてその二人で波乱・・・最終的にシラユキのなかのユキママの話みたいに分離とか・・・と予想

    作者からの返信

    これ以上敵作りたくないよぉ… のけものはいないんだよぉ(焼き払ったから)

    2018年4月5日 07:53

  • うわぁー
    あの時のセーブポイントを回収しちまったか...
    気分屋さん流石ですわ....
    話の繋げ方がうまいなぁ....
    もうこれは200話まで行くに違いない...

    作者からの返信

    よしこれで怖い伏線回収全部できて満足
    あとはまた気分屋流に行くだけよ

    2018年4月5日 01:40

  • かばんちゃんが何とかしてくれる…きっとそうだ!そうだろ気分屋!

    作者からの返信

    決まっている!

    2018年4月5日 01:38

  • フィルターに使われた力まで吸収の能力でモノにするとは
    こやつはカービイか!?
    とにかく心を取り戻したいけどシロは人間の心を自ら恨み焼いてしまった
    これはどうするのか・・・
    なんか全部は焼けてない気がするしきっとかばんさんがどうにかしてくれるのだ(他力本願 


    アトオキツネビリビリハネーギンギツネガビリビリサレテクルシミナガラヒッシニタエテルノモミタイシキタキツネガヤメテヤメテーッテサケビナガラビリビリサレルノモミテミタイナ
    オイナリサマトカハイイロギツネトカチベスナモイイカオミセテクレソウダネ
    ヤッパリキタキツネデオネガイシマス
    マッテイマスヨ





    作者からの返信

    まぁスザク勝手の極意だったわけですよ、代償があったのです
    私の性格を作品読み続けて知っていれば結果は見えるのです

    キツネなら誰でもよくて草w

    2018年4月5日 01:38

  • 最初の予知夢に戻るわけですね。

    つか、ちょっと「Helck」ぽいこと言ってて草。
    あ、そいえばHelck助けたのは帝国四天王の赤のヴァミリオちゃんでした。
    まあそんなことは置いといて…

    こうなってしまってはもう、かばんちゃんさんが野性開放ゴッドを発動して、事件前の時間にタイムリープするしかありませんね。
    そんでもって冷静かつ事務的に、連中を騙し討ち先制攻撃で皆殺しにしちゃいましょうよ?ね?


    追記
    そうか…何度も何度も言われているのに、また性懲りもなく嫁さん泣かせたから、いよいよ遂にツチノコビームで眉間撃ち抜かれるんですね?

    作者からの返信

    それできるようになったら嫁さん無敵やでしかし…

    これに関してはかばんちゃんパワーだけではいかん
    すごく前のなんとなしに書いたことを思い出したので伏線にします

    追記
    おしい、それより少し前ですわw

    2018年4月5日 01:34 編集済

  • ???「本当に浄化の炎とはよく言ったものですね、自らの心までもを灰にするとは・・・しかし・・・浄化の炎・・・心の汚れ・・・恐らくですが、燃えていない部分があるのでは?・・・出番ですね、かばん様」

    作者からの返信

    例えるならカミーユ状態

    2018年4月5日 01:30

  • もう顔面真っ白まみれや

    作者からの返信

    顔面蒼白とはうまいですな

    2018年4月5日 01:26

  • 感情を捨てた…OMG

    作者からの返信

    まさに真っ白な灰になったのであった

    2018年4月4日 22:03