親猫

作者 気分屋

第57話 不吉な未来」への応援コメント

このエピソードを読む

  • シロの介はなんだかんだ言いながら詰めが甘いのでね…
    かばんちゃんさんの予知夢では、シロの介は奴らと刺し違える覚悟で「皆殺し」を宣言しているわけですが、それはつまり何の対策もしないままに奴らと対峙した場合、最終的にそういう鬼のような決意をせざるを得ないほど、辛く、悲しく、憎々しい思いを強いられることになるということなのです。
    つまり奴らは最初から「絶対に許してはいけない不倶戴天の敵」なのです。
    シロの介が本当に「できることは全部やった」と言い切るのなら、これからやるべきことはただ一つ、「奴らが油断しているうちに、騙し討ち的に先制攻撃を仕掛けて、一方的に皆殺しにする。」ことです。


    追記
    流石は俺たちの気分屋さんだぜ…「そんな楽に終わらせてやるわけねーだろ?」ですかい?


    追記横レス
    微妙なテレパシーなので、受信できるのは家族であるシロの介と二人の子ども、親友であるサーバルちゃんと、感受性の強いタイリクオオカミ先生だけです。

    作者からの返信

    始めから潰す覚悟はもちろん必要なんですが、ご存知詰めの甘いやつですから現場に立たないと実感が沸かずにどこかで綺麗事考えちゃう甘ちゃんなのですよ

    2018年3月26日 21:49

  • かばんが使える超能力は念力と予知夢だけかぁ
    瞬間移動とか使えたら安全にいけるのに、、、

    作者からの返信

    あと、微妙にテレパシーが使えます

    2018年3月26日 21:50

  • やめてくれ...やめてくれよ(絶望)

    作者からの返信

    で、でぇじょうぶだ!でぇじょうぶだ…

    2018年3月26日 19:13

  • 絶望が止まらない…いつになったら希望に変わるのですか…

    作者からの返信

    真っ暗な中に一筋光があったら… すてきやん?

    2018年3月26日 18:27

  • いやな展開きそうだなあと思ったらもう船きた!? 救いは、救いは無いんですか!?

    作者からの返信

    一旦パンドラの箱を解放して絶望を味わってから最後にゆっくりと希望にすがりましょう… (悟り)

    2018年3月26日 17:22 編集済

  • あと半月!半月だけだから!

    追記
    それは振りかな()

    作者からの返信

    スザク「絶対野生解放するなよ!いいか!絶対野生解放するなよ!」

    2018年3月26日 17:21 編集済

  • スマホの通知
    「お!親猫更新来た!どれどれ・・・「不吉な未来」うわぁ・・・また気分屋さんはそうやって・・・」

    冒頭
    「「皆殺し」・・・?うせやろシロちゃん・・・」

    中盤
    「うーん・・・なんかマズい方向へ・・・」

    ラスト
    「もう来た!?」

    作者からの返信

    あなた… 覚悟して読んでる人ですよね?
    ほのぼのとか楽しい話のあとはシリアス回がくるって

    覚悟してきてるってわけですよね?

    ゴゴゴゴゴゴ

    2018年3月26日 14:07

  • 果たして未来は変えられるのか…

    作者からの返信

    道と言うのは自分で切り開くものなんだ…

    2018年3月26日 13:22