親猫

作者 気分屋

第55話 いぎなし」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 床上手のサーバルゥ……

    作者からの返信

    上に乗って一心不乱に腰振ってると思うとくるものがありませんか?

    2019年1月2日 15:30

  • ここで異議あり来たらバッシング

    作者からの返信

    先に謝っておこう、いやこちらの話ではなく

    メイ君にね

    2018年3月23日 22:33

  • 読むの遅れて若干ゃ草

    作者からの返信

    ゆっくりでええんやで?

    2018年3月23日 11:13

  • まただよ…また来ちゃったよ…
    普通は一回だろぉ?何回あるんだよこの作品は……
    普通は一回だろぉ!?……クライマックスってのは?!

    とりあえず…シンザキさん「腎虚」エンドか、サーバルちゃん「実家に帰らせてもらいます!」エンドか……どっちですかね?


    追記
    つまりはですねぇ…
    シンザキさんが最後まで頑張りきった!(腎虚エンド)
    か、
    やっぱ無理ですぅ…かねぇ?(実家に帰らせて…エンド)
    …ということですかね?

    作者からの返信

    ちゃんと盛り上げられるか不安なものですがねぇ… クライマックスとか言われると俄然やる気が出るというものです

    なぜその2択なのかw

    2018年3月22日 20:39

  • どこかで親猫の次はせいぜい猫の親みたいなのがあった気がするんですが割とここの二人の子供の話もありな気がしてきた

    ていうかこの夫婦の呼び方決めましょうよ!
    サバンナカップルとか?





    その仮定でクロユキが自分に特別な感情を抱いているのも知ったが…

    作者からの返信

    親猫の主人公がシロのままだとは限らないのですよ…

    普通にサバンナ夫婦がいいかな?夫婦だし!

    なんかこの「仮定」だと

    「クロちゃん絶対わたしのこと好きだわ」←勘違い
    みたいになってて草www

    直します

    2018年3月22日 19:26

  • サーバルはですねぇ、基本的にはジャパリパークのサバンナちほーと言われるところに過ごしていまして、若干ゃテントがたててある所なので、そういった狭いところでも夜にしやすいように、サーバルあのテクニシャンな個体で。で、あと胸も大きいので、包容力ぅ...ですかねぇ...
    長い時間夜の営みが出来る動物でして、とてもしんざきさんが好きなので、軽々と1時間2時間は余裕で相手してくれますのん...

    作者からの返信

    一年後… そこにはゲッソリと痩せたシンザキさんの姿が!

    2018年3月22日 12:36

  • 若干ゃ草

    作者からの返信

    そう言ったところでサーバルぅ細長い個体で

    2018年3月22日 07:29