親猫

作者 気分屋

第24話 どうして?」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ちょっと複雑な気分やなぁ。元ネタが生モノだとキャラクターをキャラクターとして見られず拒否反応を示す人もいるって聞くし、シンザキさんの行く末が色々な意味で気になる。

    作者からの返信

    悪ふざけでだしたら続いてしまい使わざるを得なくなったクセの強い二人の話するなよ…

    2018年12月28日 01:47

  • サーバルちゃんが顔赤くしながらブツブツしてると思うとかわいい
    なんとなくこの問題って満足さんあたりがすんなり解決してくれたりしそうな気がする

    追記
    まじでお母さん(お義母さん)昇格する可能性が・・・?

    作者からの返信

    どのタイミングでサーバルちゃんを女にするか迷いどころですね
    しかしうちのパークにはまだ恋に悩めるフレンズがいるのです

    次回
    ラジオネーム
    恋する百獣の王ちゃん

    2018年2月6日 18:09

  • >なにやら顔が赤いがなにかあったのだろうか?と少し気にはなったが、きっとロープウェーで疲れているだけだろうと

    ああ…なるほど…
    テラスで盛り上がり損ねた若い二人が、そのまま家に帰るまで我慢できるはずもなく、さりとて麓まで降りてきたら子供たちや友人たちの目を盗んでというのも不可能だし、思い余って帰路のロープウェーを途中で止めて疲れる行為に及んでしまった…と。
    元々深く愛し合っている二人ですから、一緒にいるだけでいつもドキドキ感が絶えないのですが、それに加えて屋根もない小さなゴンドラで宙吊り状態という、言わば吊り橋効果的ドキドキ感と露出プレイ的ドキドキ感が合わさってドキドキ三重奏プレイだったわけです。
    そりゃ盛り上がりますよ…そりゃ疲れますよ…当り前じゃないですか。

    …というような高難易度プレイまで苦も無くこなしてしまうかばんちゃんさんは、言わば恋愛の超上級者と呼んでも良いでしょう。
    そんなかばんちゃんさんに恋バナ相談に乗ってもらえるサーバルちゃんはとても幸せ者ですね。

    作者からの返信

    「野外プレイハ オススメデキナイヨ」
    「や、やがぅぇ!?」

    あのミニゴンドラ屋根どころか壁すら手すりだけになってますやんか?

    この話もうちょっとでサーバルちゃんの性欲があふれでる話になるところだった

    2018年2月6日 07:11