眼棲生物学者の華麗なる籠城

作者 うさぎ番地

7

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品の魅力的なところは、何と言ってもその生き生きとしているキャラクターにあります。
二十になっても目の中の生物(アニマ)が孵らない主人公・朝島始や、破天荒な大学教授・進藤奈津子ほか、個性的なメンバーがたくさん!

そんな個性的なキャラクターが送る大学生活が退屈なものであるわけがない。

この作品が今一番面白い学園コメディだと確信しています。
未読の方はぜひこの楽しさを味わってください。