第397話 死体だァ~ー

「し、し、死体だァ~ー❗❗❗」

 首を吊っている男は何度か、マンションの前で見た事がある男性だ。だが、名前までは知らない。確か、あゆみの元カレのストーカーだった男性だ。彼とは先日もマンションの玄関で喧嘩になった。


「うッ、わァ~うわうわァァ~ー~ー😱💦💦💦」

 あたふたと部屋の電気を点け、逃げるように玄関まで行くと、ドアは鍵が掛かっていて、さらにチェーンロックも掛かっていた。

 震える手で玄関のドアロックを開けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます