第396話 うッわァ~ー😲💦💦💦

 ナゼか胸がドキドキしてきた。そして、その人影を照らしてみると……

「うッゥ…❗❗❗」一瞬、手からスマホが滑り落ちそうになった。

「うッわァァァ~~~~ーーー😲💦💦💦」

 悲鳴をあげた。

 そこにいた人影は、何と『首を吊った男性』だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます