第398話 したいィ~ーー😱💦💦

 ガチャガチャッと音を立てチェーンロックを外しドアを開けると、そこにあゆみが驚愕の顔つきで待っていた。

「どうしたの…😲💦💦」

「し、死体ィ、死体ィ~ー……😲💦💦」咄嗟にボクは彼女へしがみついた。


「キャー、何をのよォ~❗ エッチィ~ー…❗❗」

 あゆみは勘違いしているようだ。

「ち、ち、違う! だよォ~…❗❗」

 抱きついたまま悲鳴をあげた。

「離してェ~❗❗ エッチな事なんかしたくないわよォ~😡✨⚡⚡」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます