第394話

 ベランダのサッシは四階なので鍵が掛かっていないようだ。スルスルとサッシを開けると甘い女子の匂いが漂ってきた。

「うゥ…ン…😳💦💦 お邪魔します……」裸足だったので、そのまま部屋へ入ってみた。部屋の中は当然、照明がなく真っ暗だった。

 持ってきたスマホを使い、手元を照らした。

「ン……❓❓」

 その時、異様なモノが視界に映った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます