第378話 あゆみ

「あァ~、も~…最悪ゥ~! 水、持ってきて……、水!!」

 あゆみは、かなり酔っているみたいだ。


 ボクは彼女を抱えるように、ソファに座らせ、冷蔵庫からペットボトルを取り出した。

「ど、どうぞ……!」


「うゥ…、悪ィ~…!」

 ボクからペットボトルを受け取るとすぐさま、口をつけゴクゴクと咽喉を鳴らして飲んでいった。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます