第377話 《密室殺人事件》

「部屋ですか……?」

 ボクの心臓は早鐘のように高鳴った。


「ねぇ…、お願い…😳💦💦」

 あゆみは潤んだ瞳でボクを見詰

めた。

「はぁ! 別に、構いませんけど……😅💦💦」

 仕方なく部屋へ上げてしまった。

 美女の頼みは断りがたい。

 この時、断っていれば後の《密室殺人事件》に関わる事はなかったのに……



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます