第364話 😒💦💦

「あら、無駄に美人の刑事さん !あなたこそ、またニノッチの担当なの?」

 二人の間に火花が散った。


「まぁ、お二人とも、そう熱くならないで…😅💦💦」

 見かねた冨田が仲を取り持とうとした。


「別に熱くなんか、なってないわよ……😒💦💦」

 リオが冷たい視線を向けた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます