第358話

「私は、本来、一件、百万の

 弁護費用で請け負っているのよ

 !!」


「わ、解っております!

 そこを何とか、国選って事で

 リーズナブルに……!」


「だっから、私は、正義の味方、

 セー🌑ームーンじゃないの!

 無償で助けるほど、お人好し

 じゃないンだって!!」


「怖ェ~よ!姫が、セー🌑ー服

 着て、月に変わって、

 お仕置きしてたら!!」

 オレは小さく呟いた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます