第357話

「フン!」

 姫乃は椅子に座ると長い脚を

大きく振り上げてから組んだ。

 まるで、美脚を見せびらかす

ようだ。


「ボクだって、好きで、ここに

 居るワケじゃないンですよ!」

 ニノマエは、泣きそうな顔で

言った。


「フン!好きじゃなかったら、

 何なのよ?」


「知りませんよ!って言うか。

 ボクは、無実なンです!

 助けて下さい!!」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます