第356話

 こうして、オレたちは、また

拘置所に来て一(ニノマエ)に

接見した。


 いつもの年輩の警備員が

ニノマエを接見室に連れて来た。


「ひ、姫~~!助けて下さい!」

 部屋へ入るなり、仕切りの

ガラスに張り付き泣き言を言って

きた。


「あンたねぇ!ここは、ニノッチ

 の別宅なワケ~!?」

 接見室内をグルッと見回した。


「い、いえ、違いますよ!」








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます