第355話

『しゅ、趣味のワケないでしょ!

 ! どこの世界に、

 好き好(この)んで警察に

 捕まるヤツがいるンですか!』


「知るか~~~!!」

 姫乃は、突き放したように、

「ニノッチが、どんな

 趣味かなンて、興味ねぇンだよ

 ! 私は!!」


『はぁ~……、そうかも

 知れませんけど、姫~……!!

 頼みますよ!助けて下さい!!

 』


「ったく……! ッで、今、

 どこにいるのよ!?」

「拘置所です……!」


「え~~~~?また~~~??」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます