第351話

「あァ~ら、ゲームじゃなくって

 、何だと思ってたの?」


「え??いや、別に……!!」

 照れ笑いを浮かべた。


「フフン、エロい事、考えてたン

 でしょ!!」


「いや、ち、違うよ!

 じゃ、ゲ、ゲームやろか?」

 多少、声が震えていた。

 立ち上がりかけた時、スマホの

着メロが流れた。


 姫乃のスマホだ。

「もう、何よ!」

 着信画面を確認した。

「ン~~……!ニノッち……!

 ったく、何なの?」



 





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます